Yahoo!保険トップ > 保険を学ぼう - ボランティア保険
ボランティア保険

ボランティア保険を学ぼう

ボランティア保険とは

ボランティア活動中のケガや、他人に損害を与えたことにより損害賠償問題が生じた場合に、かかる費用を補償する損害保険がボランティア保険です(「ボランティア活動保険」とよばれている場合もあります)。

高齢者や障がい者支援、自然保護、災害支援、まちづくり・まちおこし等々、ボランティアの活動領域は多岐にわたります。ボランティア活動に携わることで、社会の役に立てる喜びを感じられる反面、さまざまなリスクに遭遇する機会も増えます。安心して活動をおこなうためにも、ぜひ加入しておきたいものです。

ボランティア保険の特長

  • ボランティア活動中の本人の死亡、ゲガを補償(傷害補償)
  • ボランティア活動中に他人に対して損害を与えたことにより、損害賠償問題が生じた場合の補償(賠償責任補償)

補償対象となるボランティア活動

  • 日本国内での、自発的な意思により他人や社会に貢献することを目的とする活動
  • 無償の活動(交通費・食事代等、費用弁償程度の支給は無償とみなされる)
  • 所属するボランティア活動団体等の会則に則り企画・立案された活動、法人格を有する非営利のNPO活動、および社会福祉協議会の委嘱を受けた、または社会福祉協議会に届け出た活動
つぎのボランティア活動は、保険の対象になりません。
  • 海難救助または山岳救助ボランティア活動
  • 銃器を使用する獣害駆除ボランティア活動
  • 野焼き・山焼きをおこなうまたはチェーンソーを使用する森林ボランティア活動
  • インターンシップ等や資格取得を目指した活動
  • 学校の管理下でおこなうボランティア活動
  • 町内会・自治会・PTA等、会員の共通の利益、親睦を目的とした活動
  • 企業等の営利活動の一環としておこなう活動

加入方法

  • 市区町村の社会福祉協議会窓口で手続きをおこないます(損害保険会社では取り扱っていません)
  • ※インターネットによる加入はできない
  • ※大規模災害特例が適用されれば、被災地での加入も可能(居住地での事前加入が望ましい)

保険料

  • 300円~1,400円
  • 多くの道県は、全国社会福祉協議会の共通プランに加入
  • 宮城県、東京都、愛知県、京都府、大阪府、兵庫県は、都府県の社会福祉協議会ごとに独自のプランあり

保険期間

  • 1年間(翌年度も加入する場合は、更新手続きが必要)
  • 4月1日0時から3月31日24時まで(中途加入の場合は、加入手続完了日の翌日0時から3月31日24時まで)

補償内容

  • 基本タイプではケガの補償、賠償責任補償などを補償します。
    天災タイプでは基本タイプの補償に加え、地震、噴火または津波に起因するケガも補償します。
補償の対象となる事故例
  • 斜面で作業中に転落してけがをした
  • 屋外での長時間作業で熱中症になった
  • 休憩中に食べた弁当で、ボランティア自身が食中毒になった
  • 車いすを押している時に段差でつまずき、要介護者にけがをさせた
  • 家事支援ボランティア活動中に、誤って花びんを割った
  • 災害支援活動中に地震が起こり、落下物によってけがをした(天災タイプのみ)
※補償内容は社会福祉協議会によって異なりますので、加入時にしっかりと確認してください。

災害ボランティアに参加するには

近年、全国各地で地震、豪雨や台風による風水害、豪雪などの災害が続くなか、さまざまな支援活動をおこなう災害ボランティアへの参加者が増えています。特に災害直後は、「困っている人たちの助けになりたい」との思いから、被災地に向かう人が殺到します。

しかし、事前に準備をせずに現地入りすると、最悪の場合、ボランティア活動ができないという事態に陥ってしまいます。災害ボランティアに参加する場合は、以下の点に注意しましょう。

災害ボランティアへの参加方法

  • ボランティアバスツアーを利用
  • NPO等に登録して活動
  • 個人で市区町村のボランティアセンター(社会福祉協議会)に登録して活動

災害直後に個人で現地に車で乗り入れると、渋滞発生や救急車両の走行の妨げを引き起こすおそれがあります。混乱を最小限にするためにも、参加方法を慎重に検討しましょう。

ボランティア保険への加入

災害ボランティアに参加する個人・団体は、ボランティア保険への加入が強く勧められています。事前に、居住地の社会福祉協議会窓口で加入しておきましょう(ボランティアバスツアーやNPO等では、参加費や会費にボランティア保険料が含まれるケースがあります)。

現地では、ボランティア活動中に地震、噴火、津波などの災害に遭うリスクがあるので、基本タイプではなく、天災タイプを選択するのがおすすめです。

ボランティア保険と大規模災害特例

台風、集中豪雨、洪水、地震、噴火、津波などの災害によって、広い範囲で大きな被害が発生した場合には、ボランティア活動に緊急性が求められます。このような場合には、大規模災害特例が適用され、補償開始日、加入方法が変更されます。

  •  
  • 補償開始
  • 加入申し込み
  • 通常
  • 加入手続完了日の翌日0時
  • 最寄りの社会福祉協議会
  • 大規模災害特例
  • 加入手続が完了した時点
  • 被災地の社会福祉協議会でも申し込み可能

大規模災害特例が適用されると、現地の社会福祉協議会でもボランティア保険の加入申し込みができるようになりますが、社会福祉協議会の窓口が混雑し、手続きが完了するまでに長い時間がかかるのが現状です。時間を有効に使うためにも、前もって居住地の社会福祉協議会でボランティア保険に加入しておきましょう。また、出発前にボランティア保険に入っておけば、現地までの往復の道のりでのケガや事故も補償されます。

ボランティア保険の詳細、加入について

ボランティアへの参加、保険などのお申込み方法は、各都道府県により異なります。
詳しくは、全国社会福祉協議会 一覧(外部サイト)よりご確認ください。

監修:保険マンモス(株)
http://www.hoken-mammoth.jp/

「世の中からお金の不安と失敗をなくす」ことをミッションとして、ホームページ上でお役立ち情報を発信するとともに、ファイナンシャルプランナーによる無料保険相談サービスを提供している。

マンガ・動画などビジュアルを多用した保険情報サイト「保険マンモス」は月間100万人の訪問者数があり、無料保険相談サービスの利用者は年間2万人を超えている。

保険マンモスが生み出したこのサービスはマスコミにも多数取り上げられ、2015年に行われた「日経BPコンサルティング」による保険相談についての調査では、FPの品質に関する調査項目全てで第1位を獲得している(※)。

※日経BPコンサルティング調べ 調査期間:2015年8月21日~8月31日 回答者数:988件

生命保険の無料相談サービスの詳細はこちら(外部サイト)

(情報提供:保険マンモス株式会社)

Yahoo!サービス
Yahoo!ボランティア Yahoo!ボランティア
- ボランティアを探す
Yahoo!ネット募金 Yahoo!ネット募金
- インターネットで募金

お役立ちコラム一覧へ

オンライン申し込み、資料請求、
お見積もりは今すぐ!!
Yahoo!保険では、Yahoo! JAPANグループの保険代理店ワイズ・インシュアランスが厳選した保険をお届けしています。
終身保険 定期保険
収入保障保険
医療保険 女性保険
がん保険 傷害保険
個人年金保険 学資保険
介護保険
自動車保険 ドライバー保険
バイク保険 自転車保険
火災・地震保険
海外旅行保険 国内旅行保険
ゴルフ保険
ペット保険
種目別人気商品ランキングへ

月額40円からのオリジナル保険

他にもいろいろなシーンに合わせたプランを多数ご用意しています!一覧はこちら

ご家族まるごと損害賠償プラン

Yahoo!保険トップへ戻る



プライバシーポリシー - 利用規約 - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2017 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.