Yahoo!保険トップ > 保険を学ぼう - からだの保険 > 保険タイプ一覧 - がん保険
保険を学ぼう - からだの保険

自分に必要な保険を確認
世代ごとにアドバイス!
イベント別見直し事例
見直しのポイント
生命保険の種類
保険タイプ一覧
定期保険
養老保険
終身保険
定期付終身保険
変額終身保険
逓減定期保険
収入保障保険
医療保険(入院保険)
がん保険
特定(3大)疾病保障保険
こども保険・学資保険
個人年金保険(定額型)
個人年金保険(変額型)
知っておきたいからだの保険-基礎知識
基本を学ぼう
選ぶときに注意する点は?
契約や利用について
よくある質問

がん保険

 
がん保険は、医療費が高額になりやすい「がん」という病気に特化して手厚い保障をする保険です。
 

保険期間には、定期型と終身型があります。

がん保険の基本的な保障は、診断給付金、入院給付金、手術給付金でこのほかに通院給付金、先進医療給付金などがあります。
また最近は、入院せずに通院で抗がん剤治療や放射線治療をすることが多くなってきたことに対応して、治療給付金が出る保険が増えてきつつあります。
がん保険の代表的な保障
診断給付金 がんと診断された時に受け取れます。
商品によって、初めにがんと診断された時1回限りのものと、2回目以降でも受け取れるものがあります。
また給付対象のがんに上皮内新生物が含まれるものと含まれないものがあります。
入院給付金 一般の医療保険と同様に入院日額○○円、と入院日数に応じて受け取れます。
がん保険の入院給付金には、通常、日数制限がありません。
手術給付金 がんで手術を受けた場合に受け取れます。
給付金の額は一律で決まっているものと、手術内容で段階的に変わるものがあります。
通常、給付される回数に制限はありません。
通院給付金 がんで一定期間入院し、退院後に通院する場合に、1日につき○○円というかたちで受け取れます。
商品によっては、退院時に一時金として受け取れるものや、入院前の通院も対象となるものがあります。
先進医療給付金 厚生労働省で定められた先進医療を受けた場合に、給付されます。
治療給付金 抗がん剤治療など所定の治療を受けた場合に受け取れます。
月額○円というかたちで受け取れるものや、がんで入院を開始した場合に一時金として受け取れるものなどがあります。
がん死亡保険金 がんで死亡した場合に受け取れます。
一般的にがん保険は治療費の保障が中心なので、死亡保険金は低額であるか、設定がない場合も多いです。
※一般的な例です。実際の条件は保険会社、商品によって異なります。

“がん”への保障が充実しています。血縁者などに“がん”になった方がいて心配な方にとっては検討しておきたい保険といえます。


がん保険の検討ポイント!
がん保険の特徴は、「“がん”という病気に特化した保険」であることと、「“がん”への保障が手厚い」ことです。
通常の医療保険であっても、“がん”が保障の対象となりますので、医療保険で賄えない部分・不安な部分をがん保険で備えてはどうでしょうか。
 
“がん”は、決して不治の病ではありません。
万が一“がん”にかかったときの「生きるための保険」として考えましょう。
 
※保険会社や商品によって内容が異なる場合があります。詳細は各保険会社にご確認ください。
※2017年12月現在の内容です。法令の改正・商品改定等により内容が変更となる場合があります。
監修:保険マンモス株式会社

医療保険(入院保険):前のページ 次のページ:特定(3大)疾病保障保険
商品一覧 [ 終身保険 | 定期保険 | 医療保険 | 女性保険 | がん保険 ]

プライバシー - 利用規約 - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.