Yahoo!保険トップ > 保険を学ぼう - からだの保険 > 保険タイプ一覧 - 養老保険
保険を学ぼう - からだの保険

自分に必要な保険を確認
世代ごとにアドバイス!
イベント別見直し事例
見直しのポイント
生命保険の種類
保険タイプ一覧
定期保険
養老保険
終身保険
定期付終身保険
変額終身保険
逓減定期保険
収入保障保険
医療保険(入院保険)
がん保険
特定(3大)疾病保障保険
こども保険・学資保険
個人年金保険(定額型)
個人年金保険(変額型)
知っておきたいからだの保険-基礎知識
基本を学ぼう
選ぶときに注意する点は?
契約や利用について
よくある質問

養老保険

 
養老保険は、保険期間中に死亡した場合は死亡保険金を、満期まで生存していた場合は、原則として死亡保険金額と同額の満期保険金を受け取れる保険です。
貯蓄性が高い分、保険料は割高になります。
 

保険料の支払い方法には、毎月保険料を支払う「平準タイプ」と契約時に一括して保険料を支払う「一時払いタイプ」があります。
一時払いタイプの場合は、まとまったお金を運用する貯蓄商品として利用することもできます。
この場合は他の貯蓄商品と比べて利率に優位性があるかしっかり確認しましょう。
●保険金額 1,000万円、30年満期の場合
 (加入者:30歳男性、60歳満期)

<保障額の推移>
保障額の推移

  支払う保険料と解約返戻金を付加すると

<保障額と支払い保険料、解約返戻金の推移>
保障額と支払い保険料、解約返戻金の推移

満期までの支払い保険料総額と満期金の関係
支払い保険料総額 満期金 戻り率
9,936,000円
(月額保険料27,600円)
10,000,000円 約100.6%
※上記金額は、モデルケースとして算出した参考値であり、特定の保険商品の保険料および解約返戻金を計算したものではありません。


養老保険の検討ポイント!
養老保険は保険期間中に死亡しなかった場合、支払った保険料を上回る満期保険金を受け取ることができます。
保障に対して支払う保険料が高額になり、十分な死亡保障を賄うの難しいので、どちらかというと貯蓄性に魅力がある商品といえます。
 
保険期間中に解約すると、受け取る金額が支払った保険料を下回ることがあるので、長期にわたってお金を積み立てて資産形成をしたい方向けです。
例えば、万が一のときの葬儀費用程度を死亡保障で確保しつつ、資産形成もしたいといった場合等に向いています。
 
※保険会社や商品によって内容が異なる場合があります。詳細は各保険会社にご確認ください。
※2017年12月現在の内容です。法令の改正・商品改定等により内容が変更となる場合があります。
監修:保険マンモス株式会社

定期保険:前のページ 次のページ:終身保険
商品一覧 [ 終身保険 | 定期保険 | 医療保険 | 女性保険 | がん保険 ]

プライバシー - 利用規約 - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.