Yahoo!保険トップ > 保険を学ぼう - からだの保険 > 保険タイプ一覧 - 定期保険
保険を学ぼう - からだの保険

自分に必要な保険を確認
世代ごとにアドバイス!
イベント別見直し事例
見直しのポイント
生命保険の種類
保険タイプ一覧
定期保険
養老保険
終身保険
定期付終身保険
変額終身保険
逓減定期保険
収入保障保険
医療保険(入院保険)
がん保険
特定(3大)疾病保障保険
こども保険・学資保険
個人年金保険(定額型)
個人年金保険(変額型)
知っておきたいからだの保険-基礎知識
基本を学ぼう
選ぶときに注意する点は?
契約や利用について
よくある質問

定期保険

 
定期保険は、保険期間が一定で満期保険金のない最も基本的な死亡保険です。
いわゆる「掛け捨て」タイプで、貯蓄性がないため、保険料は割安になっています。
 
保険期間中に被保険者が死亡した場合に死亡保険金が支払われる保険です。
保険期間中に何事もなければ契約は終了し、満期時の受取金はありません。
低いコストで大きな保障を確保することができます。
●保険金額 1,000万円、10年定期の場合
 (加入者:30歳男性)

<保障額の推移>定期保険のしくみ
保障額の推移

  支払い保険料と解約返戻金を付加すると

<保障額と支払い保険料、解約返戻金の推移>
保障額と支払い保険料、解約返戻金の推移
定期保険の解約返戻金は弧を描いて期間終了時には0になり、保険期間の中ほどが最も額が大きくなります。

満期までの支払い保険料総額と解約返戻金の関係
支払い保険料総額 解約返戻金(満期時) 戻り率
288,000円
(月額保険料 2,400円)
0円 0.0%
※上記金額は、モデルケースとして算出した参考値であり、特定の保険商品の保険料および解約返戻金を計算したものではありません。

定期保険には、10年、15年などという保険期間を定めて満期ごとに更新していく「更新型」と、あらかじめ保障が必要となる全期間を保険期間とする「全期型」があります。

更新型の特徴

保険期間が終了すると、それまでの保障の範囲内で更新することができます。
最初の保険期間は保険料を低く抑えられますが、更新の際には、その時点の年齢で計算した保険料になるため、更新のたびに保険料が上がっていきます。
<保険料のイメージ>
更新型の特徴

※定期保険の更新可能期間は保険会社や商品によって違い、一定の年齢以降(60歳や80歳など)の更新はできなくなります。

全期型の特徴

保険料は、契約期間中ずっと一定です。更新型の最初の保険料に比べると高めになりますが、全保険期間の支払い保険料の総額は全期型の方が安くなります。

<保険料のイメージ>
全期型の特徴

更新型の場合は、更新後の保険料がどうなるのかもよく理解しておく必要があります。


定期保険の検討ポイント!
定期保険は、「保障期間に終わりがある」こと、同じ保障額なら終身保険や養老保険より「保険料が安い」ことが特徴です。そこで期間がはっきりとわかっている経済的リスクを効率よくカバーするのに適しています。
 
例えば、子育ての時期で、自由にできるお金が限られている上に、万が一世帯主の方が亡くなられた場合に、経済的なダメージが大きいといった方に適した生命保険です。
 
※定期保険のバリエーションとして、逓減定期保険収入保障保険などがあります。
※保険会社や商品によって内容が異なる場合があります。詳細は各保険会社にご確認ください。
※2017年12月現在の内容です。法令の改正・商品改定等により内容が変更となる場合があります。
監修:保険マンモス株式会社

次のページ:養老保険
商品一覧 [ 終身保険 | 定期保険 | 医療保険 | 女性保険 | がん保険 ]

プライバシー - 利用規約 - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.