Yahoo!保険トップ > 保険を学ぼう - からだの保険 > 世代ごとにアドバイス! - 30代:ライフスタイルに合わせた保険設計を
保険を学ぼう - からだの保険

自分に必要な保険を確認
世代ごとにアドバイス!
20代:将来のことを考え、今できることを
30代:ライフスタイルに合わせた保険設計を
40代:今後のライフプランも見据えた見直しを
50・60代:老後までイメージした資金計画を
イベント別見直し事例
見直しのポイント
生命保険の種類
保険タイプ一覧
知っておきたいからだの保険-基礎知識
基本を学ぼう
選ぶときに注意する点は?
契約や利用について
よくある質問

30代:ライフスタイルに合わせた保険設計を

 
30代以降では、保険加入に際して健康上の問題が関わってくるケースが、だんだん増えはじめるころです。
未加入の方は早めに検討するとよいでしょう。
 
将来のライフプランもある程度かたまってくる年代です。今後のライフステージの変化を想定した保険設計をこころがけましょう。

死亡保障については、独身の場合と既婚者で子どもがいる場合とでは、必要となる保障額が大きく違ってきます。
それぞれの家族構成にあわせて、過不足のない保険に加入しましょう。

30代・シングル
30代・シングル
マンガ/星野由美子
30代で独身の方は、経済的にも安定して比較的ゆとりのある生活を送っているケースが多いのではないでしょうか?
一方で、万一のリスクに対しても、自分自身でしっかり備えておく必要があります。

死亡保障

死亡保障は、扶養家族がいない限りは高額な保険は必要ありませんが、今後、結婚して家族を持つ予定がある場合は、今のうちに少し大きめの保障を確保しておいてもよいかもしれません。

医療保障

特に病気やけがなどのリスクに備えて、医療保険はしっかりした保険を終身タイプで確保しておくとよいでしょう。
がんや生活習慣病などに特化した保障もあわせて検討するとよいでしょう。

30代・ファミリー
30代・ファミリー
マンガ/星野由美子
子どもの教育資金や住宅購入資金(あるいはローン返済)などの費用がかかり、家計も大変な時期です。
世帯主の方に万一のことがあった場合、残された家族への影響もとても大きなものとなります。

死亡保障

まずは、世帯主の方の死亡保障を優先して考えましょう。
高額な保険が必要となりますが、必要保障額は年月が経つとだんだん減っていきますので(「ムダのない三角の保障とは」を参照)、その点を考慮して、ムダのない保険設計をすることが重要です。

比較的割安な保険料で高額な保障を確保できる定期タイプの保険(収入保障保険、逓減定期保険)を上手に活用しましょう。

また住宅購入時は、必要保障額が下がる可能性が高まるので、保険見直しの絶好のタイミングとなります。

医療保障

医療保険は、がんや生活習慣病に特化した保障も含めて検討し、30代のうちにしっかりした保険に終身で加入しておくとよいでしょう。
その際、将来の保障ニーズの変化にあわせて個人単位で見直しや解約などができるように、ご夫婦で別々の保険にしておくとよいでしょう。

その他

保険だけではなく、いろいろな必要資金に備えて計画的に貯蓄していくことが大切です。

年代別アドバイス:[ 20代 | 30代 | 40代 | 50・60代 ]
※保険会社や商品によって内容が異なる場合があります。詳細は各保険会社にご確認ください。
※2017年12月現在の内容です。法令の改正・商品改定等により内容が変更となる場合があります。
監修:保険マンモス株式会社
商品一覧 [ 終身保険 | 定期保険 | 医療保険 | 女性保険 | がん保険 ]

プライバシー - 利用規約 - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.