Yahoo!保険トップ > 保険を学ぼう - からだの保険 > 選ぶときに注意する点は? - 保険選びのポイント
保険を学ぼう - からだの保険

自分に必要な保険を確認
世代ごとにアドバイス!
イベント別見直し事例
見直しのポイント
生命保険の種類
保険タイプ一覧
知っておきたいからだの保険-基礎知識
基本を学ぼう
選ぶときに注意する点は?
保険選びの基本
ムダのない三角の保障とは
保険選びの秘けつ“2ステップ選択”
保険選びのポイント
生命保険会社の選び方
生命保険会社が破たんしたら
契約や利用について
よくある質問

保険選びのポイント

 
保険を選ぶ時に、一般的によく迷うポイントや注意した方がよいポイントをいくつかご紹介します。
 

掛け捨てと掛け捨てでない保険はどちらがよい?

掛け捨ての保険 「掛け捨て」というと、保険料を損しているようなイメージを持たれがちです。
しかし、実際には保険期間に何か起こった場合には、当然ですが、ちゃんと保険金を受け取ることができます。
保険料に見合った保障を買っているので、損をしているわけではありません。
掛け捨てでない保険 掛け捨てでない保険は、純粋な保険部分と貯蓄部分を組み合わせた保険です。
貯蓄部分がプラスされた分、保険料も割高となっています。

また保険部分と貯蓄部分の比率がどうなっているかなど、内容がわかりにくい場合もありますので注意しましょう。
保険料の支払総額と解約金・満期金などの戻り率をチェックするとよいでしょう。

どちらが得かは、一概にいえるものではありません。よりご自分のニーズに合った方を選ぶとよいでしょう。

定期タイプか、終身タイプか?

定期タイプ 定期タイプの保険は、保険期間が終了して保険を更新する場合には、更新時の年齢での保険料に上がることになるので、更新を繰り返して長期間加入すると、結果的に保険料がどんどん上がっていくことになります。
保険料の支払総額を十分にチェックする必要があります。

また一定の年齢以上になると更新できない商品もあります。
しかし特定の期間だけ保障が必要な場合には、必要な期間に必要な額の保障を効率よく確保することができます。
終身タイプ 終身タイプの保険は、保険期間が一生涯続き、保険料も当初の保険料がずっと一定です。
ただし同じ加入年齢、同じ保障内容の定期タイプに比べると保険料は割高になります。
保障が一生必要となる医療保険や死後の整理資金分の死亡保険などは終身タイプが適しています。
 
定期タイプも終身タイプも、どちらの方がよいというものではなく、「どんな保障が(保障種類)」、「いくら(金額)」、「いつまで必要か(期間)」によってうまく使い分けられるとよいでしょう。
 

保険は一つにまとめた方がよい、別々がよい?

一つにまとめた保険
(保険証券は1枚)
定期付終身保険のように、一つの主契約にいろいろな特約をつけて、死亡保障から医療保障、家族の保障まですべてを一つの保険にセットした保険は、保険証券が1枚となり、保険会社の窓口も一つなので、加入後の事務手続きや保険金給付申請がシンプルになります。
また、別々に入るよりも保険料が若干割安になる場合もあります。

ただし、結果的に保険が複雑なものとなって、自分がどんな保険に入っているかわかりにくくなることもあります。
また主契約となる保障が不要になり解約した場合、必要な特約もすべてなくなってしまうこともありますのでその点は十分注意が必要です。
別々の保険
(保険証券は複数枚)
独立した保険として加入する場合は、いろいろな保険会社のよい商品を選んで加入することができます。
必要な保障ごとに独立した保険であれば、保障内容もシンプルでわかりやすくなります。
また、不要になった保険は、他の保険に関係なくいつでも自由に解約できます(原則的に家族[夫・妻]の保障は独立させた方がよいでしょう)。

保険証券が複数枚になり、加入後の事務手続き等の窓口も複数になってしまいますが、最近は複数の保険会社の保険を扱える代理店やファイナンシャルプランナーもいて、まとめてメンテナンスしてもらえますので、この点はあまり心配ないでしょう。

どちらもメリット、デメリットはありますが、将来の保険の見直しや家族構成の変化などを考慮すると、別々の保険の方が有利となるのではないでしょうか。

健康だとお得に入れる保険がある?

最近の保険の中にはリスク細分型という保険があり、非喫煙者や健康診断の数値が一定の基準をクリアしている健康体の方なら、割り引かれた保険料で加入できる保険があります。
逓減定期保険や収入保障保険などに、このタイプの商品が多いので、非喫煙者や健康に自信のある方は、検討してみてはいかがでしょうか?
 
保険を選ぶ時に、迷ってしまうポイントはたくさん出てくると思いますが、基本的には自分に必要な保障が何で、いつまで必要かということを考えて判断するとよいでしょう。
 
※保険会社や商品によって内容が異なる場合があります。詳細は各保険会社にご確認ください。
※2017年12月現在の内容です。法令の改正・商品改定等により内容が変更となる場合があります。
監修:保険マンモス株式会社

保険選びの秘けつ“2ステップ選択”:前のページ 次のページ:生命保険会社の選び方
商品一覧 [ 終身保険 | 定期保険 | 医療保険 | 女性保険 | がん保険 ]

プライバシー - 利用規約 - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.