Yahoo!保険トップ > 保険を学ぼう - からだの保険 > イベント別見直し事例 - 契約更新
保険を学ぼう - からだの保険

自分に必要な保険を確認
世代ごとにアドバイス!
イベント別見直し事例
就職・転職
結婚
出産
住宅購入
子どもの独立
契約更新
見直しのポイント
生命保険の種類
保険タイプ一覧
知っておきたいからだの保険-基礎知識
基本を学ぼう
選ぶときに注意する点は?
契約や利用について
よくある質問

契約更新時の見直しポイント

 
保険の更新に関して、「もうすぐ更新だから見直さなきゃ」、「更新で保険料が高くなった」などという声をよく耳にしますが、実際に、更新は保険を見直すよい機会と言えます。
 
普段は保険のことを気にしていない方でも、更新となると、保険料の負担が上がるタイミングになりますので、保険を意識せざるを得ません。
多くの方が保険を見直すきっかけとなる更新において、気をつけるべきポイントをご紹介します。

契約更新時期の見直し事例

保険の更新とは

保険には、契約期間が決まった定期タイプのものがあります。
例えば、保険期間10年の定期タイプの保険に入ると、10年後には保険が終了してしまいます。

しかし、終了後も引き続き保障が必要な場合に、自動的に、あるいは手続きによって同じ保険をさらにもう10年継続させることができ、それを更新といいます。

更新は、新規加入とは違って、改めて告知や診査をする必要はありませんが、保険料については更新時の年齢に基づく保険料に変わりますので、保険料が高くなります。

<ここに注意!>
終身保険に加入しているつもりでも、特約部分が更新型で、保険料が大幅に高くなることがあるので注意しましょう。
自動更新タイプの保険の場合は、更新しないことを告げずにいると、自動的に更新されてしまいますので注意しましょう。


見直しの考え方

保険を更新するか? しないか? という二者択一ではなく、自分に必要な保障をしっかり把握した上で保険の見直しを行うべきです。
したがって、場合によっては、保険の増額、減額や解約、別の保険の新規加入など、いろいろな改善策が必要となります。

また、保険会社から提案されることのある「転換」は、一見保険料が下がるように見えますが、実はそれまで保険に貯まっていた積立金などを使って前払いしているようなケースが多いので、見かけの保険料に惑わされないよう、しっかりチェックしましょう。
そのためには、更新の直前にあわてて考えるのではなく、十分に検討期間をとるべきです。

また更新は保険のことを考えるきっかけにはなりますが、保険の見直しは、更新のタイミングである必要はありません。
今の保険が合っていないのであれば、更新とは関係なくすぐに見直した方が効果的です。

国内で多く販売されてきた定期付終身タイプの保険等で更新のある方は、更新の時期を確認し、早めに検討を始めましょう。
見直し事例:[ 就職・転職 | 結婚 | 出産 | 住宅購入 | 子どもの独立 | 契約更新 ]
※保険会社や商品によって内容が異なる場合があります。詳細は各保険会社にご確認ください。
※2017年12月現在の内容です。法令の改正・商品改定等により内容が変更となる場合があります。
監修:保険マンモス株式会社
商品一覧 [ 終身保険 | 定期保険 | 医療保険 | 女性保険 | がん保険 ]

プライバシー - 利用規約 - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.