Yahoo!保険トップ > 保険を学ぼう - からだの保険 > イベント別見直し事例 - 出産
保険を学ぼう - からだの保険

自分に必要な保険を確認
世代ごとにアドバイス!
イベント別見直し事例
就職・転職
結婚
出産
住宅購入
子どもの独立
契約更新
見直しのポイント
生命保険の種類
保険タイプ一覧
知っておきたいからだの保険-基礎知識
基本を学ぼう
選ぶときに注意する点は?
契約や利用について
よくある質問

出産時の見直しポイント

 
子どもが生まれると、家族が一人増え経済的な部分も含めて責任が大きくなります。
特に世帯主の死亡保障については、十分に検討しておきましょう。
 
子どもが生まれると、生活全般にかかる生活費が夫婦二人の時よりも増えることになります。
さらに子どもの成長とともに教育費の負担も増加していきます。

このように経済的な負担が大きくなりますので、万一、家計を支えている世帯主の方が死亡した場合のことを考えると、大きな保障が必要となります。

出産時の見直しポイント

死亡保障

万一の場合に、家族の生活費や子どもの教育費を確保できるだけの保険が必要です。
高額な保険となりますので、保険料が割安な、いわゆる掛け捨てタイプの保険で死亡保障をカバーするとよいでしょう。

また、必要保障額は年月が経つとだんだん減っていきますので(「ムダのない三角の保障とは」を参照)、このような保障額の変化にあわせて保障額を設定できる収入保障保険や逓減定期保険を上手に活用しましょう。

こども保険(学資保険)

子どもが生まれたら「こども保険」をと考える方が多いと思いますが、「こども保険」は、子どもの大学入学資金(100〜200万円くらいが一般的)を貯蓄することが主な目的の保険です。
「こども保険」に子どもの死亡や医療に関する保障を付加すると、貯蓄性が薄れることになりますので注意が必要です。

「こども保険」を選ぶ際には、支払い保険料総額と満期保険金(学資金)の額を比較して、貯蓄としての有効性を確認するようにしましょう。

また、親が亡くなった場合の学費の備えについては、子ども保険で備えるよりも親の死亡保険で備えたほうが良いでしょう。
見直し事例:[ 就職・転職 | 結婚 | 出産 | 住宅購入 | 子どもの独立 | 契約更新 ]
※保険会社や商品によって内容が異なる場合があります。詳細は各保険会社にご確認ください。
※2017年12月現在の内容です。法令の改正・商品改定等により内容が変更となる場合があります。
監修:保険マンモス株式会社
商品一覧 [ 終身保険 | 定期保険 | 医療保険 | 女性保険 | がん保険 ]


プライバシーポリシー - 利用規約 - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.