Yahoo!保険トップ > 保険を学ぼう - からだの保険 > イベント別見直し事例 - 就職・転職
保険を学ぼう - からだの保険

自分に必要な保険を確認
世代ごとにアドバイス!
イベント別見直し事例
就職・転職
結婚
出産
住宅購入
子どもの独立
契約更新
見直しのポイント
生命保険の種類
保険タイプ一覧
知っておきたいからだの保険-基礎知識
基本を学ぼう
選ぶときに注意する点は?
契約や利用について
よくある質問

就職・転職時の見直しポイント

 
就職したり、転職により収入や生活スタイルが大きく変わったりしたときは、保険に加入したり既存の保険を見直したりするのに適したタイミングの一つです。
 
初めての就職で社会人になるタイミングでは、自立した社会人として保険を検討することになります。
一方、転職の場合は収入や会社の福利厚生の変化に注目して、保険見直しの必要性を検討しましょう。

新社会人の場合

新卒で会社に就職すると、社会人の仲間入りをして、親からも経済的に自立することになります。
社会人の心構えとして、何かあったときの備えとなる保険を検討することをおすすめします。

以前からご両親がかけてくれていた保険がある方は、就職を機に保険を見直したり、自分で引き継ぐことを検討してみましょう。

会社によっては、オフィスで生命保険のセールススタッフからの勧誘を受ける場合もあります。
その時にあわてないためにも、自分にはどのような保険が必要であるのか、事前に考えておいた方がよいでしょう。

新社会人の場合、一般的に死亡保障は少額でよく、自分が死亡した場合のお葬式費用分くらいの保険があればよいでしょう。
まずは病気やけがに備えた医療保険を優先しましょう。

転職の場合

就職・転職時の見直しポイント 独身の方の場合は、転職による保険の見直しの必要性はあまり高くありませんが、既婚者の方、特に子供がいらっしゃる方の場合は、保険の見直しが必要となる場合があります。

転職により、収入の増減があった場合はもちろんですが、収入があまり変わらない場合でも、万一、死亡した場合の死亡退職金の額や企業年金の有無などによって、必要保障金額が変わってきます。
また、転職により、グループ保険などの企業を通じて加入していた生命保険の保障を失う可能性がある点にも注意しましょう。
見直し事例:[ 就職・転職 | 結婚 | 出産 | 住宅購入 | 子どもの独立 | 契約更新 ]
※保険会社や商品によって内容が異なる場合があります。詳細は各保険会社にご確認ください。
※2017年12月現在の内容です。法令の改正・商品改定等により内容が変更となる場合があります。
監修:保険マンモス株式会社
商品一覧 [ 終身保険 | 定期保険 | 医療保険 | 女性保険 | がん保険 ]


プライバシーポリシー - 利用規約 - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.