Yahoo!保険トップ > 保険を学ぼう - からだの保険 > 基本を学ぼう - 保険のしくみ(3つの基本型)
保険を学ぼう - からだの保険

自分に必要な保険を確認
世代ごとにアドバイス!
イベント別見直し事例
見直しのポイント
生命保険の種類
保険タイプ一覧
知っておきたいからだの保険-基礎知識
基本を学ぼう
保険のしくみ(3つの基本型)
なぜ必要? からだの保険
社会保険とからだの保険の関係
給付金の種類
主契約と特約
責任準備金と予定利率
配当金と解約返戻金
生命保険と税金
保険料の払い方
選ぶときに注意する点は?
契約や利用について
よくある質問

保険のしくみ(3つの基本型)

 
生命保険には多くの商品があって、しくみを理解するのは難しそうですが、実は3つの基本型の組み合わせでできているのです。
 

3つの基本型

世の中にあるいろいろな保険の基本となっているのは、以下の3つです。
 (1)定期保険
 (2)養老保険
 (3)終身保険
この基本の3つについて、どのような保障内容で、支払った保険料がどう貯まるのか、を理解すると、保険がやさしくなってきます。

保障内容

1,000万円の死亡保障を例に、3つの保険のしくみを図式化します。

(1)定期保険の保障
定められた保険期間中に死亡すると死亡保険金1,000万円を受け取れ、生存したまま保険期間が終了すると保障は終わります。

定期保険の保障

(2)養老保険の保障
定められた保険期間中に死亡すると死亡保険金1,000万円を受け取れ、生存したまま保険期間が終了すると満期保険金1,000万円を受け取れます。

養老保険の保障

(3)終身保険の保障
保険期間は一生涯なので、死亡すると必ず死亡保険金1,000万円を受け取れます。(解約しない場合)

終身保険の保障

支払った保険料の貯まり方

1,000万円の死亡保障を例に、支払う保険料の額と、その貯まり方(解約返戻金の推移)を図式化します。

(1)定期保険の解約返戻金
解約返戻金は保険期間の中ほどで少し貯まりますが、満期時には0になります。
基本的に貯蓄性はなく、純粋に保障のみを買う形の最も基本的な生命保険です。

定期保険の解約返戻金
※保険期間中に解約返戻金がたまらない、「無解約返戻金型」の商品もあります。

(2)養老保険の解約返戻金
解約返戻金は保険期間の経過とともに徐々に増えていき、満期時に死亡保障額と同額になります。(満期保険金となる)

養老保険の解約返戻金

(3)終身保険の解約返戻金
解約返戻金は保険期間の経過とともに徐々に増えていき、通常、保険料の払込が終了するころに、支払う保険料の累計額を超えてきます。

終身保険の解約返戻金

※最近では、保険料払込期間中の解約返戻金額を通常の70%程度に抑えて、保険料払込期間終了後の解約返戻金額を手厚くした「低解約返戻金型終身保険」が主流のようです。

まとめ

このように3つの保険は、保障額が同じでも保険金や満期保険金・解約返戻金の受け取り方に違いがあります。
そして、3つの保険の貯蓄性について比較すると
 定期保険 < 終身保険 < 養老保険
となります。
貯蓄性が高いということは、その分保険料から積み立てることになりますので保険料を比較すると
 定期保険 < 終身保険 < 養老保険
となります。
 
これらの違いをしっかり理解して、実際の保険商品の保障内容をみていくと、保険はずっとやさしくなります。
 
※保険会社や商品によって内容が異なる場合があります。詳細は各保険会社にご確認ください。
※2017年12月現在の内容です。法令の改正・商品改定等により内容が変更となる場合があります。
監修:保険マンモス株式会社

次のページ:なぜ必要? からだの保険
商品一覧 [ 終身保険 | 定期保険 | 医療保険 | 女性保険 | がん保険 ]

プライバシー - 利用規約 - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.