Yahoo!保険トップ > 保険を学ぼう - からだの保険 > 基本を学ぼう - 責任準備金と予定利率
保険を学ぼう - からだの保険

自分に必要な保険を確認
世代ごとにアドバイス!
イベント別見直し事例
見直しのポイント
生命保険の種類
保険タイプ一覧
知っておきたいからだの保険-基礎知識
基本を学ぼう
保険のしくみ(3つの基本型)
なぜ必要? からだの保険
社会保険とからだの保険の関係
給付金の種類
主契約と特約
責任準備金と予定利率
配当金と解約返戻金
生命保険と税金
保険料の払い方
選ぶときに注意する点は?
契約や利用について
よくある質問

責任準備金と予定利率

 
保険会社は、将来の保険金や満期保険金などの支払いに備えて保険料を積み立てて運用しています。
積み立てられた準備金を「責任準備金」といい、運用で見込まれる利率を「予定利率」といいます。
 

責任準備金

生命保険会社は、将来、保険金や年金、各種給付金を支払うことになりますので、それに備えて保険料やその運用収益などを積み立てておかなければなりません。
その、積み立てられた準備金を「責任準備金」といいます。
責任準備金の積み立ては、保険業法という法律で義務付けられています。

一般的に責任準備金は、掛け捨てとなる定期保険では金額が小さく、貯蓄性の高い終身保険や養老保険では金額が大きくなっています。

●責任準備金積み立てのイメージ図

<定期保険の場合>
定期保険の場合

<養老保険の場合>
養老保険の場合
 
責任準備金の本来の目的は保険金等の支払いに備えるものですが、途中で保険を解約した場合には、その一部が解約返戻金として支払われることになります。
 
また責任準備金の重要なポイントとして、万一、生命保険会社が破たんした場合には、破たん時点の責任準備金の90%までが生命保険契約者保護機構により補償されることになります (補償されるのは責任準備金であり、保険金や年金は90%以下になることもあります)。

予定利率

生命保険会社は、保険料の一部を運用していますが、その運用によって得られる収益を見込んで、保険料を割り引いています。
この割引率を「予定利率」といいます。

実際の運用成績が好調で、予定利率より高い利率で運用できると剰余金がうまれ、配当金に割り当てられますが(配当のある保険の場合)、逆に予定利率を下回る運用利率となった場合(逆ザヤという)は、保険会社の財務状態を圧迫することにもなります。
 
予定利率は、原則として契約時点の利率が維持されます。
古い契約は予定利率が高い可能性がありますので、解約や転換など、生命保険の見直しをする際には注意しましょう。
 
※保険会社や商品によって内容が異なる場合があります。詳細は各保険会社にご確認ください。
※2017年12月現在の内容です。法令の改正・商品改定等により内容が変更となる場合があります。
監修:保険マンモス株式会社

主契約と特約:前のページ 次のページ:配当金と解約返戻金
商品一覧 [ 終身保険 | 定期保険 | 医療保険 | 女性保険 | がん保険 ]

プライバシー - 利用規約 - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.