Yahoo!保険トップ > 保険を学ぼう - からだの保険 > 基本を学ぼう - 給付金の種類
保険を学ぼう - からだの保険

自分に必要な保険を確認
世代ごとにアドバイス!
イベント別見直し事例
見直しのポイント
生命保険の種類
保険タイプ一覧
知っておきたいからだの保険-基礎知識
基本を学ぼう
保険のしくみ(3つの基本型)
なぜ必要? からだの保険
社会保険とからだの保険の関係
給付金の種類
主契約と特約
責任準備金と予定利率
配当金と解約返戻金
生命保険と税金
保険料の払い方
選ぶときに注意する点は?
契約や利用について
よくある質問

給付金の種類

 
給付金の内容をしっかりと理解しておかないと、請求事由があった場合に、気がつかずに請求漏れをしてしまうこともあります。
約款やパンフレットを確認し、不明なところはしっかりと説明を受けましょう。
 

からだの保険にはいろいろな保障があって、各タイプによって給付される給付金・保険金も多くの種類があります。
ここではそれらの代表的なものを紹介します。

死亡保険とそれに付随する給付金

死亡保険金

保障期間中に、保険の対象となっている方(以下「被保険者」)が死亡した時に支払われる保険金です。
死亡時に一時金として支払われるものだけでなく、年金のように分割して受け取れるものもあります。

高度障害保険金

保障期間中に被保険者が病気やけがにより所定の高度障害状態に該当した場合に死亡保険金と同額の保険金を受け取れます。
高度障害保険金が支払われると保険契約は消滅します。

※所定の高度障害状態とは
・両目の視力を全く永久に失った
・言語またはそしゃく機能を全く永久に失った
・中枢神経系・精神または胸腹部臓器に著しい障害を残し、終身常に介護を要する
・両上肢とも手関節以上で失ったか、またはその用を全く永久に失った
などが該当します。詳しくは各保険の契約のしおりをご覧いただくか保険会社にお問い合わせください。

特定(3大)疾病保険金

がん・急性心筋こうそく・脳卒中により所定の状態になったときに保険金を受け取れます。

リビングニーズ特約保険金

被保険者の余命が6か月以内と診断・認定された場合に、死亡保険金の全部または一部を請求により受け取れます。
死亡保険に特約として無料で付帯できるもので、被保険者が受取人となる保険金は非課税となります。

災害死亡割増特約の給付金

自然災害や交通事故などの不慮の事故により死亡または高度障害状態となった場合に、死亡保険に加えて(割増しで)支払われる保険金です。

医療保険の給付金

 
医療保険の給付金は、病気やけがの治療費の保障として支払われます。
 
(病気の中でも“がん”に特化した“がん保険”の給付金については、後の章で説明します)

入院給付金

被保険者が病気やけがで入院した場合に、入院日額○○円というように入院日数に応じて受け取れる給付金です。
商品によって日帰り入院から対象となるものや5日以上の入院で1日目から(あるいは5日目から)など支給条件が異なります。
また1入院の入院限度日数も60日、90日、120日……1095日などさまざまなタイプがあります。
支給対象となる条件が幅広いほど保険料は高めになってきます。

手術給付金

被保険者が手術を受けた場合に受け取れる給付金です。
手術給付金は、手術の内容によって入院日額の10倍、20倍、40倍などのように段階的に変わるものや、一律で○万円と給付金額が決まっているものがあります。
※給付対象となる手術の種類や給付倍率等は契約のしおりなどで確認ができます。
※入院を伴わない手術でも、支払い対象手術の場合には、手術給付金が支払われますので必ず保険会社に確認してください。

先進医療特約の給付金

厚生労働省が定めた先進医療を受けた場合に、給付金を受け取れます。
実際の技術料が支給される(上限がある場合もある)ものと、治療内容によって給付金額が決まっているものがあります。
健康保険が適用されず、治療費が高額になりがちな先進医療に備えることができます。

通院給付金

治療のために通院した場合に、1日につき○円というように給付金を受け取れます。
一般的には入院して退院した後の通院が対象となる場合が多く、退院後○日以内などの制限もあります。

女性疾病入院給付金

女性特有の疾病により入院した場合に、通常の入院給付金にプラスして受け取ることができます。

特定疾病に関する給付金

3大成人病(がん・急性心筋こうそく・脳卒中)や生活習慣病などで入院した場合に、入院給付金がプラスされたり、一時金を受け取ることができます。

がん保険の給付金

 
治療が長期化し、治療費も高額になりがちな“がん”に特化した保険です。
 

診断給付金

がんと診断された時に受け取れます(商品によっては入院が条件となるものがあります)。
初めにがんと診断された時1回限りのものと、2回目以降でも受け取れる商品があるのでチェックをしましょう。
また、給付対象のがんに上皮内新生物が含まれるものと含まれないものがある点には、特に注意が必要です。。

入院給付金

一般の医療保険と同様、入院日額○○円というように入院日数に応じて受け取れます。
がん保険の入院給付金には、通常、日数制限がありません。

手術給付金

がんで手術を受けた場合に受け取れます。給付金の額は一律で決まっているものと、手術内容で段階的に変わるものがあります。
通常、給付される回数に制限はありません。

通院給付金

がんで一定期間入院し、退院後に通院する場合に、1日につき○○円というかたちで受け取れます。
商品によっては、退院時に一時金として受け取れるものや、入院前の通院も対象となるものがあります。

先進医療給付金

厚生労働省が定めた先進医療を受けた場合に、給付金を受け取れます。
実際の技術料が支給される(上限がある場合もある)ものと、治療内容によって給付金額が決まっているものがあります。

治療給付金

抗がん剤治療など所定の治療を受けた場合に受け取れます。
月額○円というかたちで受け取れるものや、がんで入院を開始した場合に一時金として受け取れるものなどがあります。
 
このようにたくさんの給付金すなわち保障がありますが、独立した保険として入れるもの、特約としてのみ入れるものなどがあります。
どの保険に入るべきかは、十分に検討する必要があります。
 
※保険会社や商品によって内容が異なる場合があります。詳細は各保険会社にご確認ください。
※2017年12月現在の内容です。法令の改正・商品改定等により内容が変更となる場合があります。
監修:保険マンモス株式会社

社会保険とからだの保険の関係:前のページ 次のページ:主契約と特約
商品一覧 [ 終身保険 | 定期保険 | 医療保険 | 女性保険 | がん保険 ]


プライバシーポリシー - 利用規約 - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.