Yahoo!保険トップ > 保険を学ぼう - からだの保険 > 契約や利用について - 保険金・給付金の請求
保険を学ぼう - からだの保険

自分に必要な保険を確認
世代ごとにアドバイス!
イベント別見直し事例
見直しのポイント
生命保険の種類
保険タイプ一覧
知っておきたいからだの保険-基礎知識
基本を学ぼう
選ぶときに注意する点は?
契約や利用について
契約前のチェックポイント
契約手順と注意点
約款と保険証券の見方
告知義務
保障はいつから始まる
インターネットでの契約
クーリングオフ制度
契約・解約変更
保険金・給付金の請求
保険料の支払いが遅れたら
契約者貸付
よくある質問

保険金・給付金の請求

 
もし保険金を受け取るような出来事が起きた場合、保険金を受け取るためには、保険会社に連絡し、必要書類を提出して申請しなければなりません。
 

保険金・給付金の受け取り手順

被保険者(保険の対象となられている方)が入院・手術などを受けたり死亡したりして、保険金や給付金の支払い事由が発生したら(支払われる状態になったら)、保険会社に連絡し請求の手続きをします。
その際の一般的な流れは以下のようになります。

(1)契約内容の確認

まずは「保険証券」「ご契約のしおり・約款」などを実際にみて、契約内容・保障内容を確認します。
保険金や給付金の支払いに該当するかどうかを確認しましょう。
該当するかどうか判断が難しい時は、保険会社に問合わせましょう。

《ココに注意!》

複数の保険に入っている場合は、すべての保険証券を確認しましょう。
また家族特約などの保障がある場合もありますので、被保険者本人以外の配偶者や家族の保険も確認しておいた方がよいこともあります。
請求もれにならないようしっかり確認しましょう。

(2)生命保険会社への連絡

保障内容を確認して、保険金・給付金の支払い事由に該当する場合は生命保険会社へ連絡します。
自分で判断が難しい場合は、保険会社に確認しましょう。

<連絡先>
生命保険会社または保険代理店の担当者、営業所・支社、サービスセンターなど

<生命保険会社への連絡事項>
死亡保険金請求の場合 給付金請求の場合
○保険証券の番号
○死亡した人の名前
○死亡した日
○死亡した原因(病気・事故など)
○保険金受取人の名前
○保険金受取人の連絡先
○保険証券の番号
○入院・手術・通院などをした人の名前
○請求内容(入院・手術・通院など)
○請求原因(病気・事故など)
○入院日・退院日・手術日・手術名・傷病名・通院の有無・受傷日

保険会社から質問されることに答えるかたちとなりますが、以上のような内容に答えられるようにあらかじめ準備しておくと連絡がスムーズに進みます。

(3)請求書類の準備・提出

生命保険会社への連絡後、保険金・給付金の請求書や手続きの説明書などが送られてきます。
請求書に記入して、その他の必要書類(病院の診断書など)を取りそろえたら、請求書類一式を保険会社に提出します。
なお、下表のうち「入院・手術等診断書(証明書)」の取得には費用がかかりますが、給付金額等によって提出の省略が可能となるサービスを行っている生命保険会社もありますので、提出が必要かどうかはあらかじめ確認しましょう。

<主な必要書類>
死亡保険金請求の場合 給付金請求の場合
○保険証券
○死亡保険金請求書
○保険金受取人の戸籍謄本(抄本)
○保険金受取人の印鑑証明書
○被保険者の住民票
○死亡診断書(死体検案書)
○事故状況報告書
(災害死亡保険金を請求の場合)
○給付金請求書
○入院・手術等診断書(証明書)
○事故状況報告書
(災害入院給付金を請求の場合)

(4)生命保険会社の支払い判断

生命保険会社は、請求書類を受け取ると内容を確認し、保険金・給付金の支払い事由に該当するかどうかを判断します。
※生命保険会社は、提出された書類や診断書について詳細な事実確認をする場合があります。

(5)保険金・給付金の支払い

生命保険会社は、保険金・給付金の支払い事由に該当すると判断した場合は、受取人が指定した金融機関の口座に保険金・給付金を振り込み、金額の明細書を送付します。
明細書が届いたら振込金額を必ず確認しましょう。

保険金・給付金の支払いに該当しない場合は、その理由について書面で通知・説明があります。


請求もれをしないために!

保険金の支払い事由が発生しても、請求をしなければ、生命保険会社はその事実を知りえません。
請求もれが起きないようにするために、保障内容の確認には十分注意が必要です。

請求もれが生じやすい典型的なケース(注意点)

(1) 1つの契約に複数の特約がある場合
1つの保険に多くの特約がついている場合は、特約を見逃してしまうことがあります。
例えば、入院特約、特定疾病保障特約、がん保障特約などの特約がある場合は、がんによる入院に対して、それぞれの特約から給付金が支払われる可能性があります。

(2) 複数の保険契約がある場合
医療(入院)保険、がん保険など複数の保険に加入している場合は、それぞれの保険から給付金が支払われる可能性があります。

(3) 家族保障がある場合
例えば、病気になった方以外のご家族が加入している保険に家族特約があり、病気になった方への保障がある場合は、その保険からも給付金が支払われる可能性があります。

(4) 手術・入院をしたのちに死亡した場合
手術や入院を経て、死亡した場合は、死亡保険金のほかに入院給付金、手術給付金が支払われる可能性があります。
 
もれなく保険金・給付金を請求するためには、自分を含め家族が加入している保険の内容について、日ごろから理解してリスト化しておくことが大切です。
また受取人の方には、生命保険証券の保管場所・生命保険会社名・契約内容等を正しく伝えておくと良いでしょう。
 

※保険会社や商品によって内容が異なる場合があります。詳細は各保険会社にご確認ください。
※2017年12月現在の内容です。法令の改正・商品改定等により内容が変更となる場合があります。
監修:保険マンモス株式会社

契約・解約変更:前のページ 次のページ:保険料の支払いが遅れたら
商品一覧 [ 終身保険 | 定期保険 | 医療保険 | 女性保険 | がん保険 ]


プライバシーポリシー - 利用規約 - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.