Yahoo!保険トップ > 保険を学ぼう - からだの保険 > 契約や利用について - 契約変更・解約
保険を学ぼう - からだの保険

自分に必要な保険を確認
世代ごとにアドバイス!
イベント別見直し事例
見直しのポイント
生命保険の種類
保険タイプ一覧
知っておきたいからだの保険-基礎知識
基本を学ぼう
選ぶときに注意する点は?
契約や利用について
契約前のチェックポイント
契約手順と注意点
約款と保険証券の見方
告知義務
保障はいつから始まる
インターネットでの契約
クーリングオフ制度
契約変更・解約
保険金・給付金の請求
保険料の支払いが遅れたら
契約者貸付
よくある質問

契約変更・解約

 
一度契約した保険も、時間の経過やライフステージの変化などによって、実態に合わないものになる場合があります。
そのような時に既存の保険を変更したり解約して見直すことができます。
 
ここでは保険の見直しに関連して、“契約変更”“解約”の方法を説明しています。
もし一時的に保険料の支払いが困難な状態になった場合などは、いきなり解約を考えるのではなく、「契約者貸付」を利用して保険料の支払いにあてることもできますので、検討してみましょう。


保障の増額・減額

中途増額・減額制度

保険期間の途中で、保障が足りなくなったり、多すぎることになった場合、保障を増額したり、減額することができます。

<増額>
保険期間の途中で、保障を上乗せして増やす方法です。
増額する部分の保険料は、増額時点の年齢や保険料率で計算されます。
※増額する場合は健康の審査が必要なので、いつでも自由にできる訳ではありません。

増額

<減額>
保険期間の途中で、一部を解約して保障を減らす方法です。
減額した部分に解約返戻金がある場合は、解約返戻金が支払われます。

減額


保険料の支払いをやめて、保障を続ける方法

保険料の支払いが困難になった場合などに、保険料の支払いを中止して、その時点の解約返戻金をもとに延長保険や払済保険に変更することができます。
延長保険や払済保険にした場合は、特約は消滅しますので注意が必要です。

<延長保険>
延長保険は、保険料の支払いを中止して、その時点の解約返戻金をもとに元の保険と同じ保険金額の定期保険に変更する方法です。
保険期間は元の保険期間よりも短くなることがあります。
もし計算上の保険期間が元の保険期間より長くなる場合は、元の保険期間をもって満期とし、満期時に生前給付金を受け取れます。

延長保険

<払済保険>
払済保険は、保険料の支払いを中止して、その時点の解約返戻金をもとに元の保険と同じ保険期間の保険(元の保険と同じ種類か養老保険、終身保険)に変更する方法です。
保険金額は、一般的に元の保険金額よりも小さくなります。

払済保険


保険の解約

加入している保険が不要になった場合や別の保険に入り直すような場合などに、既存の保険契約を解消することを解約といいます。
解約は自分の意思でいつでもできますが、当然ながら、一度解約すると保障は消滅してしまいます。
解約後に、再度加入したいと思っても健康上の問題で新しい保険に加入できなかったり、以前より保険料が割高になったりすることもありますので、解約の判断は慎重にしましょう。
解約した時点で、解約返戻金がある場合は解約返戻金を受け取ります。

主契約と特約がある保険の場合は、特約のみ解約して主契約を継続させることもできます。

<解約方法>
加入している保険会社に連絡して、解約手続きを確認します。一般的に、解約時には「保険証券」、「契約時に使用した印鑑」、「本人確認書類」、「解約返戻金振込口座の情報」などが必要となります。
 
保険加入後にも、状況に応じて保険の見直しが必要となります。
解約以外にも契約内容の変更などの手段もありますので、もっともメリットのある方法をよく検討しましょう。
 

※保険会社や商品によって内容が異なる場合があります。詳細は各保険会社にご確認ください。
※2017年12月現在の内容です。法令の改正・商品改定等により内容が変更となる場合があります。
監修:保険マンモス株式会社

クーリングオフ制度:前のページ 次のページ:保険金・給付金の請求
商品一覧 [ 終身保険 | 定期保険 | 医療保険 | 女性保険 | がん保険 ]

プライバシー - 利用規約 - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.