Yahoo!保険トップ > 保険を学ぼう - からだの保険 > 契約や利用について - 契約前のチェックポイント
保険を学ぼう - からだの保険

自分に必要な保険を確認
世代ごとにアドバイス!
イベント別見直し事例
見直しのポイント
生命保険の種類
保険タイプ一覧
知っておきたいからだの保険-基礎知識
基本を学ぼう
選ぶときに注意する点は?
契約や利用について
契約前のチェックポイント
契約手順と注意点
約款と保険証券の見方
告知義務
保障はいつから始まる
インターネットでの契約
クーリングオフ制度
契約・解約変更
保険金・給付金の請求
保険料の支払いが遅れたら
契約者貸付
よくある質問

契約前のチェックポイント

 
生命保険は住宅購入に次いで人生で2番目に高い買い物といわれるほど“高額な商品”です。
契約するときには契約内容を十分確認しましょう。
 

必要な保障は確保できたか?

保険を契約しようとする時は、そもそもこの保険に入ろうと思った理由を思い返してみましょう。
病気やけがで入院した時の医療費の準備、万一の場合の家族の生活費の確保など、保険に入る目的を十分に果たせる保障内容になっていますか?

特に以下のポイントについて今一度見直してみましょう。

・保険の種類

死亡保障、医療保障(病気やけが、がん、3大疾病など)、老後資金、子どもの教育資金など

・保険金額

何かあった時に必要な金額は確保されているか?

・保険期間

保障が必要な期間がカバーできているか?

不要な保障までつけていないか?

保険には、主な保障に加えて、関連する様々な保障がセットでついていたり、あるいは特約をつけたりすることができます。
保険を検討する段階で、あれもこれもとついつい保障範囲を広げてしまっていませんか?いろいろな保障があると安心ですが、その分保険料も高くなりますので保障の要・不要を十分に見極めましょう。
また既に入っている別の保険やご家族が入っている保険と保障内容がダブっていないか?という視点でも検討することが大切です。

保険料は長期的に払っていける水準か?

保険は長期にわたる契約となることが多く、保険料もその間ずっと払い続けることになります。将来の収入・支出の変化も想定して、その保険料を長期にわたって払っていけるか?という視点でも検討しておきましょう。
更新タイプの定期保険を継続していく場合などは、保険料が上がっていくことになりますので、将来の支払額の増加も考慮しておく必要があります。

保険の契約内容を理解しているか?

例えば、病気で手術をして、手術給付金を請求しようとしても、その手術が給付対象ではないこともあります。
書類をしっかり読み込むのはたいへんですが、重要ポイントについてはよく読み、わからないことは保険会社の担当やファイナンシャル・プランナーに確認するようにしましょう。

・保険の保障期間はいつから始まるか?
・保険料の支払い方法
・保険金、給付金が支払われるのはどんな場合か?
・保険金、給付金が支払われないのはどんな場合か?(期間、条件)
・保険金、給付金の受取人は誰か?その場合に税金はかかるか?

 
保険は、なんとなく入っておいたら安心という商品ではありません。自分にとって必要な保障は何か?を整理して、契約内容をよく理解した上で、本当に必要なものを選んで加入しましょう。
 

<契約時のチェックポイント>

保険契約時のチェックポイント
  • 保険金の額は適正ですか?
  • 必要な保障が確保できる保険ですか?
  • 保険期間は保障が必要な期間を満たせていますか?
  • 無駄な保障がついていませんか?
  • 既契約の保険と保障が重複していませんか?
  • 家族の保険と保障が重複していませんか?
  • 保険料の支払い方法は?
  • 保険料は将来にわたって払い続けられそうですか?
  • 保険金・給付金の支払い対象となる場合を理解していますか?
  • 保険金・給付金が支払われない場合を理解していますか?
  • 保険金・給付金の受取人は、加入目的にあった人ですか?

※保険会社や商品によって内容が異なる場合があります。詳細は各保険会社にご確認ください。
※2017年12月現在の内容です。法令の改正・商品改定等により内容が変更となる場合があります。
監修:保険マンモス株式会社

次のページ:契約手順と注意点
商品一覧 [ 終身保険 | 定期保険 | 医療保険 | 女性保険 | がん保険 ]


プライバシーポリシー - 利用規約 - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.