Yahoo!保険トップ > 保険を学ぼう - 火災保険 > 地震保険はどう違うの? - 地震保険の補償額と損害の認定基準
保険を学ぼう - 火災保険
 地震保険の補償額と損害の認定基準
地震保険の補償割合
2017年1月1日から、地震保険の損害区分が大きく変わりました!
これまで3つの区分だったのが、4つになりました。
新しくなった地震保険の補償割合は、以下の通りです。
全損の場合 地震保険の保険金額の100%
大半損の場合 地震保険の保険金額の60%
小半損の場合 地震保険の保険金額の30%
一部損の場合 地震保険の保険金額の5%
たとえば全損と大半損の境目くらいの損害であった場合、どちらに認定されるかで受け取れる金額は大きく異なります。
損害の認定基準
損害程度 損害の状況
建 物 家 財
全 損 基礎、柱、屋根などの損害額が、
建物の時価の50%以上
家財の損害額が、
家財の時価の80%以上
焼失・流失した部分の床面積が、
建物の延床面積の70%以上
大半損 基礎・柱・屋根などの損害額が、
建物の時価の40%以上50%未満
家財の損害額が、
家財の時価の60%以上80%未満
焼失・流失した部分の床面積が、
建物の延床面積の50%以上70%未満
小半損 基礎・柱・屋根などの損害額が、
建物の時価の20%以上40%未満
家財の損害額が、
家財の時価の30%以上60%未満
焼失・流失した部分の床面積が、
建物の延床面積の20%以上50%未満
一部損 基礎・柱・屋根などの損害額が、
建物の時価の3%以上20%未満
家財の損害額が、
家財の時価の10%以上30%未満
全損・大半損・小半損に至らない建物が、
床上浸水(地盤面から45cmを超える浸水)
※2018年3月現在の内容です。法令の改正・商品改定等により内容が変更となる場合があります。
監修:保険マンモス株式会社
地震保険の補償範囲:前のページ 次のページ:地震保険の保険料の決まり方−都道府県別料率−
火災・地震保険商品一覧


プライバシーポリシー - 利用規約 - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2018 N1AGENCY Corporation. All Rights Reserved.
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.