Yahoo!保険トップ > 保険を学ぼう - 火災保険 > 地震保険はどう違うの? - 地震保険とは
保険を学ぼう - 火災保険
 地震保険とは
地震保険とは 地震保険とは、火災保険では補償されない地震、噴火またはこれらによる津波が原因で家屋や家財に損害を生じた場合に、保険金が支払われる地震専用の保険のことです。
地震保険は、国と民間の損害保険会社の共同運営によって成り立っています。
地震保険の保険料は、建物の構造ごと、地域ごとに料率が決められています。
地震保険の保険金額は、火災保険の30~50%の範囲内で設定します。
地震保険の対象となるのは居住用の建物と家財で、事業用の建物などは原則対象になりません。
また、被害が広範囲に渡るような大震災の場合、補償額が減額される可能性もあります。
地震保険の加入方法
地震保険は単独で加入することはできず、火災保険に付帯して加入することとなります。
つまり、火災保険への加入が前提となります。
すでに火災保険を契約されている方は、契約期間の中途からでも地震保険に加入できます。
地震保険の近年の動向
現在の日本における地震保険加入率は30.5%、火災保険への地震保険付帯率は62.1%となっています。*
加入率は年々上昇傾向にありますが、地震が多い日本において、地震保険で備えるという感覚がまだまだ薄いという見方もできるかもしれません。
近年は地震被害が相次いでいることもあってか、保険料の値上げが続いています。
また2017年に損害区分が大幅に変更されるなど、地震保険に関しての動きは活発になっています。
一方、民間の保険会社で独自の動きをしているところもあります。
たとえば、地震保険だけでは補償されない残り50%の補償をカバーする特約を、火災保険に付けられる保険会社があります。
そのほか、地震保険にプラスして最大900万円までの保険金額を設定できる、「地震補償保険」を発売する少額短期保険業者も登場しています。
今後も、こうした地震保険の補償範囲が拡大されていく動きに注目したいところです。
*損害保険料率算出機構(2016年)
※2018年3月現在の内容です。法令の改正・商品改定等により内容が変更となる場合があります。
※保険会社によって内容が異なる場合があります。
監修:保険マンモス株式会社
次のページ:地震保険の補償範囲
火災・地震保険商品一覧


プライバシーポリシー - 利用規約 - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2018 N1AGENCY Corporation. All Rights Reserved.
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.