Yahoo!保険トップ > 保険を学ぼう - 火災保険 > 住宅用火災保険のポイント - 家財保険の選び方のポイント
保険を学ぼう - 火災保険
 家財保険の選び方のポイント
住んでいる家が賃貸か持ち家かで、家財保険の選び方は変わってきます。
賃貸物件にお住まいの方の家財保険
賃貸物件にお住まいの方の家財保険 賃貸マンションや賃貸住宅など、賃貸物件にお住まいの方は、建物は所有していないため建物に補償をつける必要はありませんが、家財には補償を付けておくと安心です。
加えて、「借家人賠償責任保険」を付帯しておくことが大切です。
賃貸契約の契約要項の中には、「借りた住宅を契約終了時に元の状態にして返す(原状回復義務)」という要項があるのが一般的です。
そのため、火災や災害などで家の中に損害があった場合は、部屋を元に戻す修理費を大家さんに対して賠償しなければなりません。
「借家人賠償責任保険」は、賃貸物件が火災などの損害によって原状回復義務により賠償責任を負った際に、その補償をしてくれる保険になります。
基本的に賃貸契約をする際には、借家人賠償責任保険付きの家財保険に加入する義務を課されます。
しかし強制加入条件がないときであっても、賃貸物件にお住まいなのであれば、借家人賠償責任保険を付帯した家財保険に加入しておいてください!
なぜなら、火事で家財が焼けてしまい次の住宅も探さなければいけないときに、元の部屋の修理費まで賠償しなければならないということになると、生活が破綻してしまうリスクまであるからです。
また、たとえ自分は気をつけていたとしても、隣家からのもらい火などで損害を受ける場合もあります。
その場合でも失火責任法という法律により、火元の隣家には賠償責任が発生しませんので、自分の部屋の損害は自分で負担しなければならない点が要注意です。
繰り返しになりますが、賃貸物件にお住まいの方は、借家人賠償責任保険を付帯した家財保険にぜひ加入しておいてくださいね。
持ち家の方の家財保険
住宅ローンを組むときには、建物への火災保険の加入がほぼ必須かと思いますが、これには家財の補償は含まれていません。
別途、ご自身で家財保険に加入しておくのがよいでしょう。
※2018年3月現在の内容です。法令の改正・商品改定等により内容が変更となる場合があります。
※保険会社や商品によって内容が異なる場合があります。
監修:保険マンモス株式会社
家財保険:前のページ 次のページ:オールリスクタイプ
火災・地震保険商品一覧


プライバシーポリシー - 利用規約 - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2018 N1AGENCY Corporation. All Rights Reserved.
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.