Yahoo!保険トップ > 保険を学ぼう - 火災保険 > 住宅用火災保険のポイント - 住宅火災保険・住宅総合保険
保険を学ぼう - 火災保険
 住宅火災保険・住宅総合保険
住宅火災保険や住宅総合保険は、住宅物件用のベーシックな火災保険です。
建物への補償と家財への補償の両方、あるいはどちらか一方だけでも加入できます。
これまで住宅火災保険や住宅総合保険は火災保険の主力商品でしたが、近年では幅広いニーズに対応できるオールリスクタイプの商品が、各社の主力へと変わってきました。
ここでは火災保険の基本として、住宅火災保険と住宅総合保険の仕組みと違いについて説明します。
ただ最近では、扱っている保険会社もだいぶ少なくなっているため、参考程度に読んでもらえればと思います。
住宅火災保険
住宅物件の火災保険として一番オーソドックスな商品です。
火災による損害のほか、落雷、破裂、爆発、風、ひょう、雪災による損害を補償します。
地震保険を付帯することもできます。
住宅総合保険
住宅火災保険の補償内容に加えて、飛来物の落下、衝突、水濡れ、騒じょう、労働争議、盗難、水災によって生じた損害などを補償します。
地震保険を付帯することもできます。
住宅火災保険と住宅総合保険の補償範囲
一般的な住宅火災保険や住宅総合保険の補償範囲は、下記の通りです。
その他詳細は、各保険会社にお問い合わせください。
損害の種類 住宅総合保険 住宅火災保険
火災
落雷
ガス爆発などの破裂、爆発
風災、ひょう災、雪災 * *
水災 ×
自転車の飛び込みなどによる飛来、落下、衝突 ×
給排水設備の事故などによる水漏れ ×
騒じょうなどによる暴行、破壊 ×
盗難(家財の補償をつけた場合のみ) ×
*風災は20万円の免責金額が設定される場合が多いです。
主な費用保険(住宅火災、住宅総合共通)
臨時費用保険金 損害保険金×30% *住居専用建物100万円限度
残存物取片付け費用保険金 実費(損害保険金×10%限度)
失火見舞費用保険金 被災世帯数×20万円限度、保険金額×20%限度
傷害費用保険金 ご家族が死亡、後遺障害、重傷を受けたときに臨時に生じる費用
(死亡、後遺障害のとき保険金額×30%/重傷のとき保険金額×2%*1名につき1,000万円限度)
損害防止費用保険金 火災、落雷、破裂・爆発の事故で消火活動に要した費用
地震火災費用保険金 地震、噴火、またはこれらによる津波による火災で建物が半焼以上となった場合
(保険金額×5%*300万円限度)
※2018年3月現在の内容です。法令の改正・商品改定等により内容が変更となる場合があります。
※保険会社や商品によって内容が異なる場合があります。
監修:保険マンモス株式会社
次のページ:家財保険
火災・地震保険商品一覧


プライバシーポリシー - 利用規約 - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2018 N1AGENCY Corporation. All Rights Reserved.
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.