Yahoo!保険トップ > 保険を学ぼう - 火災保険 > 基本をまなぼう - 火災保険とは
保険を学ぼう - 火災保険
 火災保険とは
火災保険の目的と対象物件の種類
火災保険の目的と対象物件の種類 火災保険とは、火災やその他の災害によって、建物や家財など(事業用建物の場合は什器・備品など)に損害が生じた際に補償すること、を目的とした保険です。
火災保険の対象は、物件によって「住宅物件」「一般物件」「工場物件」「倉庫物件」に分類され、補償の範囲や内容が、火災保険の種類によって異なります。
火災保険の仕組みと選び方
火災保険の仕組みと選び方 住宅用の火災保険の仕組みは、「建物への補償」「家財などへの補償」の2つの主契約のほか、各種特約、賠償責任保険、傷害保険などによる組み合わせで成り立っています。
建物と家財の両方、あるいは建物だけ、家財だけ、といった加入の仕方を選択できます。*
あなたのニーズに合った補償を選び、加入しましょう。
*選択ができない商品もあります。
※2018年3月現在の内容です。法令の改正・商品改定等により内容が変更となる場合があります。
※保険会社や商品によって内容が異なる場合があります。
監修:保険マンモス株式会社
次のページ:火災保険の種類
火災・地震保険商品一覧


プライバシーポリシー - 利用規約 - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2018 N1AGENCY Corporation. All Rights Reserved.
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.