Yahoo!保険トップ > 保険を学ぼう - 火災保険 > 契約や利用について - 契約時に注意すべきこと
保険を学ぼう - 火災保険
 契約時に注意すべきこと
火災保険を契約するときは、以下のような点に注意しましょう。
◎建物の用途
建物の用途を間違った商品を選ばないようにしましょう。
住宅物件は住宅物件用の火災保険へ、店舗兼住宅の場合は店舗総合保険などへ加入しなければいけません。
◎正しい評価額
評価額を低く設定してしまうと、万一のときに実際の損害額より補償額が少なくなってしまいます。
逆に、評価額より高い補償を付けても評価額までしか補償されません。
過不足のない設定を心がけましょう。
◎必要な補償
補償が必要なのは建物と家財の両方なのか、建物か家財の片方だけなのかを確認しましょう。
賃貸物件に住んでいる方は、家財保険のみの加入となります。
◎必要な特約
時価を基準に保険金額を設定するタイプの火災保険で、再調達価額を設定したい場合には、価額協定保険特約を付帯しましょう。
賃貸物件にお住まいの方は、借家人賠償責任保険を付帯しましょう。
◎地震保険への加入
地震による損害も補償されるようにするには、地震保険に加入する必要があります。
日本は地震大国ですから、特別な事情がないかぎり地震保険には加入しておくことをおすすめします。
◎保険期間
保険期間が長いほど、また一括払いなどでまとめて支払うほど、1年分の保険料は安くなります。
支払余力があるのであれば、まとめての保険料支払いがおすすめです。
※2018年3月現在の内容です。法令の改正・商品改定等により内容が変更となる場合があります。
※保険会社や商品によって内容が異なる場合があります。
監修:保険マンモス株式会社
契約の流れ:前のページ
火災・地震保険商品一覧


プライバシーポリシー - 利用規約 - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2018 N1AGENCY Corporation. All Rights Reserved.
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.