Yahoo!保険トップ > 保険を学ぼう - 火災保険 > 事故、トラブルの際には - 水害(大雨など)に対応する保険
保険を学ぼう - 火災保険
 水害(大雨など)に対応する保険
水害時の保険の補償範囲に注意
住宅総合保険
マンガ/星野由美子
水害による損害を補償するのは、火災保険の中でも「住宅総合保険」と呼ばれるものや、オールリスクタイプの火災保険などです。
住宅火災保険では、水害は補償されないので注意してください。
火災保険の約款上で水害とされているのは、台風、暴風雨、豪雨などによる洪水、高潮、土砂崩れなどで、これらの水害による損害も火災保険で補償されます。
ただし、補償の対象となる損害規模に条件があるなど、全ての損害が補償されるとは限りません。
また最近の火災保険には、水害の補償限度額を高く設定できたり、補償範囲を広げているタイプの商品もあります。
風害で損害を受けるのは建物だけではない
水害が起こると、建物そのものへの被害はもちろん、家具や家電製品といった家財もダメージを受けることになります。
家財への損害は「家財保険」をつけていないと補償されませんので、気をつけてください。
また車が水没してしまうなど、水害時には車への被害も多く発生します。
この場合、車の補償は自動車保険の車両保険でカバーできます。
ただし車両保険にはいくつか種類があり、エコノミータイプ(車同士の事故による車両損害のみを補償するタイプ)だと、水害による損害は補償されません。
※2018年3月現在の内容です。法令の改正・商品改定等により内容が変更となる場合があります。
※保険会社や商品によって内容が異なる場合があります。
監修:保険マンモス株式会社
風害(台風など)に対応する保険:前のページ 次のページ:津波や落雷など、その他の災害に対応する保険と事例
火災・地震保険商品一覧


プライバシーポリシー - 利用規約 - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2018 N1AGENCY Corporation. All Rights Reserved.
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.