Yahoo!保険トップ > 保険を学ぼう - 火災保険 > 事故、トラブルの際には - 地震災害に対応する保険
保険を学ぼう - 火災保険
 地震災害に対応する保険
地震による損害は、地震保険をつけていなければ補償されない
地震災害に対応する保険
地震災害に対応する保険
マンガ/星野由美子
地震による損害は、「地震保険」に加入していなければ補償されません。
地震のときに、しっかりと火を消したりブレーカーを落としたりといった対策をしたとしても、リスクは残ります。
たとえば、隣りの家から出火してそれが燃え移った場合など、もらい火をした自分の家は地震保険に加入していないかぎり補償されないのです。
地震保険の補償範囲で注意すること
地震保険の補償範囲でも説明していますが、地震保険の契約金額は、建物は5,000万円、家財は1,000万円が限度です。
補償の範囲も、火災保険の2.5%〜50%の範囲内までしかありません。
全額を補償されるわけではないのです。
また支払われる保険金額も、損害の度合いによって大きく異なります。
全損の場合は保険金額の100%ですが、大半損だと保険金額の60%、小半損だと保険金額の30%、一部損では保険金額の5%しか支払われません。
とくに全損と大半損などそれぞれの境目の損害状態の人は、どちらの扱いになるかによって、支払われる保険金額に大きな違いが生じることになります。
地震保険に加入するときは、補償の内容や範囲をよく理解しておきましょう。
※2018年3月現在の内容です。法令の改正・商品改定等により内容が変更となる場合があります。
監修:保険マンモス株式会社
地震災害の被害内容と傾向:前のページ 次のページ:風害(台風など)に対応する保険
火災・地震保険商品一覧


プライバシーポリシー - 利用規約 - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2018 N1AGENCY Corporation. All Rights Reserved.
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.