Yahoo!保険トップ > 保険を学ぼう - 火災保険 > 事故、トラブルの際には - 失火責任法とは
保険を学ぼう - 火災保険
 失火責任法とは
火災保険における失火責任法について、説明します。
失火責任法の意味
失火責任法の意味 失火責任法とは、明治三十二年に定められた法律で、正式には以下のような文章となっています。
「民法第七百九条 ノ規定ハ失火ノ場合ニハ之ヲ適用セス但シ失火者ニ重大ナル過失アリタルトキハ此ノ限ニ在ラス」
「失火の場合には失火者に重大な過失がなければ民法709条は該当しない」ということです。
また民法709条には、「故意又ハ過失ニヨリテ他人ノ権利ヲ侵害シタル者ハ之ニ因リテ生シタル損害ヲ賠償スル責ニ任ス」 とあります。
他人の権利を侵害すれば損害を賠償しなければならないとする法律ですが、失火の場合はこれが該当しないということです。
つまり、万が一火事を起こしてしまってそれが隣家などに火が燃え移っても、損害賠償はしなくても良いわけです。
しかし言い換えれば、お隣からのもらい火で自分の家が焼けてしまっても、お隣からは補償してもらえないため自分で建て直さなければいけない、ということでもあります。
ただし重大な過失があればこれに該当しないとありますが、重大な過失とは、例えば以下のようなケースがあげられます。
電熱器を布団に入れて使用し、火災が発生した
寝たばこが原因で火災が発生した
てんぷらを揚げている途中で台所を離れたため、過熱されたてんぷら油に引火した例
失火責任法と火災保険
失火責任法の意味を理解すれば、自分で火災保険に加入しておくことの大切さがよく分かると思います。
仮にお隣からのもらい火で家が燃えてしまったとして、お隣は火災保険で家を建て直せたのに、被害者側が火災保険に加入していなかったために補償されないケースもありえます。
ちょっと納得がいかない気がするかもしれませんが、しかし失火責任法とはそういう法律です。
ちなみに2016年末に発生した新潟県糸魚川市の大規模火災ですが、その建物の焼損数は147棟、損害額は12億円近いと言われています。
出火原因はラーメン店の大型コンロの消し忘れとのことですが、失火責任法により損害賠償責任はないという見方が強いです。
自宅が全て焼けてしまったのに、火災保険に加入していなかった家庭は、保険金も下りず損害賠償もできず、泣き寝入りということになります。
火災保険は万が一の生活破綻を救ってくれる大事な保険になるので、忘れずに加入しておいてください。
※2017年3月現在の内容です。法令の改正・商品改定等により内容が変更となる場合があります。
※保険会社や商品によって内容が異なる場合があります。
監修:保険マンモス株式会社
次のページ:損害時の対応
火災・地震保険商品一覧


プライバシーポリシー - 利用規約 - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2017 N1AGENCY Corporation. All Rights Reserved.
Copyright (C) 2017 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.