トップ > 保険通信 > プロがお届け! お役立ちコラム > 車を買い替えたら保険料が上がった?
保険通信 - プロがお届け! お役立ちコラム

車を買い替えたら保険料が上がった?

2014年06月25日
車を買い替えたら保険料が上がった?

先日、車を買い換えました。メーカーは違うものの同程度の車に乗り換えました。乗り換え時には、保険会社に連絡し自動車保険の車両変更をしました。同程度の車であれば保険料はそれほど変わらないと思っていましたが、提示された保険料はこれまでより高いらしく、差額の保険料を請求されました。どうしてこのようなことが起きるのでしょうか。


車の車種、型式によって保険料が違う

多くの場合、自動車保険の保険料は運転者の年齢や免許証の色、自動車の用途などによって保険料が変わります。実は自動車の車種や型式によっても保険料は変わります。

軽自動車を除いた普通乗用車、小型乗用車については、損害保険料率算出機構(損害保険の基礎的な保険料率を決定する組織)が、車の車種や型式ごとに「料率クラス」というものを算出しています。この料率クラスとは、車の型式ごとに実際の事故の発生率や、損害の程度などから決められます。

料率クラスは「車両」「対人賠償」「対物賠償」「搭乗者傷害・人身傷害」の4つの補償分野で算出されます。これらの補償別に1から9までの9つのクラスに区分されます。このクラスの数字が大きくなるほど保険料は高くなります。


料率クラスはこんな形で決められている

国内メーカーの主な車種について料率クラスを調べてみました。4と5にランク付けされているものが多いですが、このように同じメーカーでもかなりばらつきがあります。

「車両」については、事故の発生率はもちろん車の価格自体が高いとランクが高くなる傾向があります。

つぎに「対人」「対物」ですが、これも事故の発生率が高いのはもちろん、車両の重量やスピードがよく出る車ほどランクが高くなる傾向が見られます。重い車、スピードが速い車は事故をしたときに相手に大きな損害を与えやすいということです。

最後に「搭乗者傷害・人身傷害」ですが、これは車内のドライバーや同乗者の受ける損害の程度を示していると考えられます。自分たちの命を守るためには気になるランク値です。

メーカー 車種 型式 車両 対人 対物 搭乗者傷害
・人身傷害
トヨタ ヴィッツ NSP130 3 4 5 4
トヨタ プリウス ZVW30 5 4 4 5
トヨタ クラウン AWS210 5 4 4 4
日産 マーチ K13 3 4 4 4
日産 スカイライン HNV37 4 6 5 4
ホンダ フィット GK6 3 4 4 4
ホンダ ステップワゴン RK7 4 4 3 4
マツダ デミオ DE5FS 4 5 4 4
マツダ アクセラ BM5AP 4 4 4 4


ランクが違うと保険料はどう変わる?

1つのクラスが上がるとその補償の保険料は約20%高くなる仕組みです。ですから料率クラスが「1」の車に比べると、「5」の車は保険料が約2倍、「9」の車は約4倍になります。

この料率クラスは毎年1月1日付で見直しされます。ですから、同じ車に乗り続けていて、しかも自分自身は事故をしていなくても、料率クラスが前年よりも高くなってしまえば、保険料が値上がりするということがありうるわけです。

また、同程度の車と思っていても、上記のように車種によって料率ランクが異なるため、保険料が高くなることは普通に起こりうるわけです。もっというと、同じ車種でも年代が異なる、型式が異なるだけで、料率ランクが別に算出されるので、保険料は変わります。

ちなみに料率ランクは、普通車、小型車のみで算出されています。この中に軽自動車はありません。軽自動車は車種ごと、型式ごとの区分はありません。しかも料率ランクは低いレベルで設定されているので、どの車種に乗っても、軽自動車であるかぎり自動車保険料の水準は低くなるわけです。

料率ランクは一部ウェブサイトで公開はされていますが、一般に公開されているデータではありません。また、料率ランクが高いからその車を買わない、低いから買うというデータでもありません。自動車保険の保険料がこのようにデータに基づいて細かく決められる仕組みとして理解しておきましょう。



藤川太(家計の見直し相談センター) 執筆:藤川太家計の見直し相談センター
ファイナンシャルプランナー。山口県出身。慶応義塾大学大学院理工学研究科を修了後、自動車会社で燃料電池自動車の研究開発に従事していたが、ファイナンシャルプランナーに転身し、「家計の見直し相談センター」で生命保険の見直しを中心とした個人向け相談サービスを展開している。同センターは2001年の設立以来10000世帯を超える相談を受けてきた。「分かりやすい、納得できる、利用しやすい」サービスを目指して活動中。
2008年10月、簡単書き込みで家計がみるみる生まれ変わる資産マネジメント手帳『貯まる!資産3倍手帳』を出版。 その他の著書として『サラリーマンは2度破産する』などがある(共に朝日新聞出版)。



(情報提供:家計の見直し相談センター)


保険商品のご紹介

Yahoo!保険では、Yahoo! JAPANグループの保険代理店ワイズ・インシュアランスが厳選した保険をお届けしています。

バックナンバー





プライバシーポリシー - 利用規約 - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2017 Y's Insurance Inc. All Rights Reserved.
Copyright (C) 2017 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.