"

Yahoo!保険トップ > 保険を学ぼう - くるまの保険 > 任意保険を選ぶときに注意する点は? - 保険料を安くするポイント
保険を学ぼう - くるまの保険

保険料を安くするポイント

 
自動車保険の保険料を安くするためには、保険料の決まり方を理解して、賢く加入しましょう。
 

保険料の決まり方」で見てきたように、保険料は、事故が起きるリスクが少ないほど安くなります。
まずは、保険料を安くする5つのポイントをしっかりマスターしましょう。


保険料を安くする5つのポイント

(1)無事故で安くする

自動車保険には等級制度があり、事故を起こすと等級が3つ下がり、無事故だと等級が1つ上がります。
毎年、無事故を続けるほど保険料は安くなります。
(詳しくは「等級制度」を参照)

しかし、ここでいう事故とは、保険を使った事故かどうかになります。
事故を起こしても保険を使わなければ等級は下がりません。
例えば、軽い事故で賠償の自己負担額が数万円程度だったような場合は、保険を使って翌年からの保険料が上がることを考えると、あえて保険を使わずにいた方がお得なケースもあります
(事故があるかないかで、翌年の等級が4等級も違ってきます)

軽い事故の場合などは、保険金を請求した方がよいか、自己負担にした方がよいかを試算して判断するとよいでしょう。

(2)年齢の限定で安くする

運転者の年齢を限定することで、保険料は安くなります。

運転者の年齢を限定することで、保険料は安くなります。

したがって、自動車保険の継続手続きの時に運転者の年齢が21歳、26歳などの年齢条件を超えている場合は、年齢条件の変更を忘れないようにすることが大切です。
また、子どもが18歳になり免許を取って新たに運転者に加わった場合などは、年齢条件を下げると保険料が上がることになりますが、もし契約している保険に“子ども特約”があれば、年齢条件を下げるよりも割安に子どもが運転する場合の補償をつけることができます。

(3)運転者限定で安くする

自動車保険は、そのままでは誰が運転しても補償されるようになっています。
しかし実際には、家族しか運転しないとか本人しか運転しないということであれば、運転者を限定することで保険料は安くなります。

限定の種類 限定内容 割引の大きさ
家族限定 運転者を家族(同居の親族+別居の未婚の子)に限定
配偶者限定 運転者を本人とその配偶者に限定
本人限定 運転者を本人のみに限定

運転者を限定する(人数が少なくなる)ほど保険料は安くなります。


(4)リスク細分型保険で安くする

事故のリスクが少ない契約者・契約車の場合は、より詳細なリスク項目によって保険料の割引があるリスク細分型保険に入ることで、保険料を安くすることができます。
例えば、以下のような場合はリスク細分型保険で有利になる可能性があります。

  • ゴールド免許所有者
  • 通勤、通学で車を使わない
  • 年間走行距離が少ない

これらに当てはまらない場合、リスク細分型保険では保険料が高くなりますので注意しましょう。


(5)2台目からは割引がある

一家で複数の自動車を所有しているご家庭もあるでしょう。
その際に、1台目の自動車と2台目以降の自動車で、所有者と保険契約者がともに同じで、1台目の保険の等級が11等級以上であれば、2台目以降の保険料が安くなります。
(2台目以降の等級が1つ上の7等級からのスタートとなる)
例えば、2台目の自動車を購入して、1台目は夫が所有、2台目は妻が所有というかたちをとるより、2台目も夫所有にして保険に入る方が、保険料が安くなる可能性があります。


その他の割引

上記の5つのポイント以外にも、保険会社によっていろいろな割引制度を用意しているところもあります。

インターネット割引 インターネットで申し込みをすると保険料が割り引かれます。
長期優良契約割引 所定の等級以上で、過去1年間事故を起こしていない場合に保険料が割り引かれます。
早期契約割引 自動車保険の契約時に、保険期間終了日から一定期間前に継続の手続きをすると、保険料が割り引かれます。
環境対策車割引 低公害車やハイブリッドカーなどのエコカーは、保険料が割り引かれます。

一括見積りサイトの利用

ここまで見てきたように、自動車保険の保険料はさまざまな条件により決まります。
また保険会社によって料金設定は異なりますので、見積もりをする人ごとに割安となる保険も違ってきます。
ご自身にとってもっとも合理的な保険料の自動車保険を探したい人は、一括見積りサイトを活用してもよいかもしれません。
自動車保険一括見積り


 
保険料を安くするには、基本の5つのポイントと各保険会社毎の割引制度をしっかりと把握することが大切です。
 

※保険会社によって内容が違いますので、詳しくは各商品のパンフレットなどを参考にしてください。
※2017年9月現在の内容です。商品改定等により内容が変更となる場合があります。
監修:保険マンモス株式会社

保険料の決まり方
(自動車保険の場合)
:前のページ
次のページ:損害保険会社の格付け一覧
(自動車保険の場合)
商品一覧 [ 自動車保険 | ドライバー保険 | バイク保険 | 自賠責保険(バイク) | 自転車保険 ]


プライバシーポリシー - 利用規約 - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.