Yahoo!保険トップ > 保険を学ぼう - くるまの保険 > 任意保険を選ぶときに注意する点は? - 保険料の決まり方
保険を学ぼう - くるまの保険

保険料の決まり方

 
バイク保険は、車種、運転者の年齢などに応じて、保険料が決められます。
 

バイク保険は、バイク用にアレンジされていても自動車保険です。保険料も基本的には自動車保険と同様の決まり方となります。


料率区分

用途・車種


バイクの大きさ、使用目的などに応じた危険度を反映させるために、用途・車種によって保険料率を区分しています。

<用途>
保険会社によって、用途区分をしているところとしていないところがあります。
区分がある場合は、以下のような目的により保険料が変わってきます。(一例)

  • 業務用
  • 通勤通学用
  • 日常レジャー用

<車種>
保険会社により区分が違いますが、以下のような分類があります。

  • 原動機付自転車(125cc以下)※
  • 二輪自動車(125cc超)
道路交通法においては、50cc以下のバイクを原動機付自転車といいます。


年齢


若年運転者ほど、事故のリスクが高い傾向にあるため、運転者の年齢の範囲によって区分されます。

○原動機付自転車(125cc以下)

  • 全年齢補償
  • 21歳以上補償

一部のバイク保険では、原動機付自転車でも年齢区分を細かく設定し、合理的な保険料を設定している商品もあります。

チューリッヒ スーパーバイク保険

○二輪自動車(125cc超)

  • 全年齢補償
  • 21歳以上補償
  • 26歳以上補償
保険会社によっては、さらにより細かく区分されています。


等級

過去の保険事故によって、1~20の等級に区分されます。
事故を起こすと等級が下がり、無事故だと等級が上がっていきます。
詳しくは、等級制度をご覧ください。


 
バイク保険の料率区分でも、年齢条件と等級は保険料への影響が大きくなります。
 


※保険会社によって内容が違いますので、詳しくは各商品のパンフレットなどを参考にしてください。
※2017年9月現在の内容です。商品改定等により内容が変更となる場合があります。
監修:保険マンモス株式会社

その他、気になる具体例
(自動車保険の場合)
:前のページ
次のページ:自動車も所有している場合
(バイク保険の場合)
商品一覧 [ 自動車保険 | ドライバー保険 | バイク保険 | 自賠責保険(バイク) | 自転車保険 ]


プライバシーポリシー - 利用規約 - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.