Yahoo!保険トップ > 保険を学ぼう - くるまの保険 > 任意保険の基本を学ぼう - 災害補償
保険を学ぼう - くるまの保険

任意保険の基本を学ぼう
自動車保険の場合
自動車保険とは?
特約
等級制度
バイク保険の場合
バイク保険とは?
特約
補償の種類はこんなにある!
対人賠償保険
対物賠償保険
搭乗者傷害補償保険
自損事故保険
無保険車傷害保険
車両保険
人身傷害補償保険
災害補償
いま注目の保険
自転車保険とは?
任意保険を選ぶときに注意する点は?
事故・トラブルと任意保険の関係
自賠責保険をしっかり学ぼう

災害による損害にも使える保険

 
一般的に、災害による損害は保険の免責事項になっていますが、
特約を付加することで補償を受けられることもあります。
 

保険が使えない場合で見た通り、基本的に地震などの災害による損害では保険金はおりません。
しかし保険会社によっては、地震などの損害に対しても補償を行う特約を用意しているところもあります。


車両全損一時金特約

主な特徴

  • 地震や噴火、津波による損害で車両が全損したとき、一時金が出る
  • 一時金の額は、どこの保険会社もほぼ50万円
  • ダイレクト型でも特約を付けられる保険会社がある

この特約は、地震や噴火で車が潰されてしまったり、津波に巻き込まれて車が使いものにならなくなったときに一時金が支払われるものです。
「全損」の文字がある通り、地震で物が落ちてきて車がヘコんだり窓ガラスが割れたりといった程度では、支払いの対象にはなりません。
また一時金の額は、保険会社を問わずおおよそ50万円で統一されています。
これは、新たに車を購入するための頭金や、被災後に車がない状態での移動費用などの使用を想定して準備されたものだからです。

この特約の引受をしているのは、主に代理店型と呼ばれる損保会社になります。
しかし保険料が割安なダイレクト型でも対応している会社がありますので、地震などの補償は一時金で充分だという人は、そちらを検討してもよいでしょう。


車両地震特約

主な特徴

  • 地震や噴火、津波による損害でも保険金が支払われる
  • 補償の対象は車両で、車両保険の設定金額が上限となる
  • 全損だけでなく、一部損にも対応している

この特約は、一時金特約とは違い50万円といった制限がなく、全損時には車両保険の設定金額が支払われます。
また全損だけでなく、一部損の場合でも修理費が補償されますので安心です。
地震などの災害に対する補償も手厚くしたいという需要はあると思いますが、この特約を付けられる保険会社は非常に限られているので、その点は注意が必要です。
数千万円もするような高価なスポーツカーを所有している人や、車がないと生活がどうしても困るという人は、この特約を付けられる自動車保険を検討してもよいかもしれません。

 
地震や噴火、津波に対する備えをどこまでしておくか、考えておきましょう。
 


※2016年9月現在の内容です。制度変更等により内容が変更となる場合があります。
監修:保険マンモス株式会社

人身傷害補償保険:前のページ 次のページ:自転車保険とは?
商品一覧 [ 自動車保険 | ドライバー保険 | バイク保険 | 自賠責保険(バイク) | 自転車保険 ]


プライバシーポリシー - 利用規約 - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2017 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.