Yahoo!保険トップ > 保険を学ぼう - くるまの保険 > 任意保険の基本を学ぼう - 対物賠償保険
保険を学ぼう - くるまの保険

 

対物賠償保険

 
自動車事故で、相手の車やガードレール、家屋、店舗などを壊してしまった場合の賠償金を補償する保険です。
 

事故によっては高額になる賠償金に備える保険

主な特徴

  • 「モノ」に損害を与えた場合を補償する
  • 対物賠償とは、「モノ」そのものだけでなく営業損失などの賠償も含まれる
  • 契約した保険金額を上限に支払われる

対物というと、自動車同士の事故を真っ先に考えて、保険金額は数百万円で大丈夫だろうと考えがちです。
しかしそれだけではなく、例えば、お店に車をぶつけた場合に、お店を修理するまで営業ができないことに対する営業損失なども損害賠償の対象となります。
そして、このような場合は賠償金額が高額になることもあります。


物損事故の賠償金の高額判決例

認定総損害額(万円) 裁判所 判決年月日 事故年月日 被害物件
26,135 神戸地裁 1994年7月19日 1985年5月29日 積荷(呉服・洋服・毛皮)
13,580 東京地裁 1996年7月17日 1991年2月23日 店舗(パチンコ店)
12,036 福岡地裁 1980年7月18日 1975年3月1日 電車・線路・家屋
11,798 大阪地裁 2011年12月7日 2007年4月19日 トレーラー
11,347 千葉地裁 1998年10月26日 1992年9月14日 電車
(注1) 上記判決例は、「2016年度自動車保険の概況」(損害保険料率算出機構発行)による。
(注2) 認定総損害額とは、被害者の損害額(弁護士費用を含む)をいい、被害者の過失相殺相当額を控除する前の金額である。

人身事故の賠償額ほどではありませんが、被害物件によっては、賠償金の額が億単位になる場合もあります。


注意ポイント

各保険会社の設定する免責事項に該当する場合は、保険金が支払われないケースがあります

<保険金が支払われないケースの例>

  • 契約者の故意による事故
  • 運転者やその家族が所有するもの
  • 台風、洪水、高潮、地震、噴火、津波(地震、噴火による)で生じた損害
 
対人賠償に比べると高額となるケースは少ないですが、賠償額は数千万円から億単位となることもあります。
できるだけ多めの額で加入しておくと安心です。
 

※ 各保険会社の設定する免責事項に該当する場合は、保険金が支払われないケースがあります
※ 補償内容は保険会社によって異なることがありますので、詳細は各商品のパンフレットや約款をご覧ください
※2017年9月現在の内容です。商品改定等により内容が変更となる場合があります。
監修:保険マンモス株式会社

対人賠償保険:前のページ 次のページ:搭乗者傷害補償保険
商品一覧 [ 自動車保険 | ドライバー保険 | バイク保険 | 自賠責保険(バイク) | 自転車保険 ]


プライバシーポリシー - 利用規約 - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.