Yahoo!保険 - くるまの保険を学ぼう“自動車保険の基本を学ぼう:等級制度”

Yahoo!保険トップ > 保険を学ぼう - くるまの保険 > 任意保険の基本を学ぼう - 等級制度
保険を学ぼう - くるまの保険

任意保険の基本を学ぼう
自動車保険の場合
自動車保険とは?
特約
等級制度
バイク保険の場合
バイク保険とは?
特約
補償の種類はこんなにある!
対人賠償保険
対物賠償保険
搭乗者傷害補償保険
自損事故保険
無保険車傷害保険
車両保険
人身傷害補償保険
災害補償
いま注目の保険
自転車保険とは?
任意保険を選ぶときに注意する点は?
事故・トラブルと任意保険の関係
自賠責保険をしっかり学ぼう

等級制度

 
自動車保険に入る時に、「等級」というコトバがよく出てきます。
この「等級」とはいったい何でしょうか?
 

自動車保険における「等級」とは、通常「ノンフリート等級別料率制度」の「等級」を指します。
この等級によって保険料が割り引かれたり、割り増しされたりすることになります。
つまり、契約・更新する時に、自分がどの等級であるかによって保険料が違うということです。

<ノンフリートとは>
契約者が所有する自動車が9台以下の場合の契約をノンフリート契約といいます。
逆に、法人などで10台以上の自動車を所有している場合の契約をフリート契約といいます。
個人で加入する場合は通常ノンフリート契約ということになります。

ノンフリート等級別料率制度が改定されました。
損害保険料率算出機構が定めた参考純率における新制度導入日は、平成24年4月1日で、そこから1年間の周知期間を経て、平成25年4月1日から新制度による契約が開始されます。

実際の保険会社では、平成25年10月から新制度の料率を適用するところが多いようですが、保険会社によって移行時期は違っています。詳しくは各保険会社にお問い合わせください。

以下、損害保険料率機構の参考純率を基に改定後の等級制度についてご案内します。


等級の仕組み

等級は1~20等級まであって、原則的には、1等級が最も保険料が高く(割増率が高く)、20等級が最も保険料が安く(割引率が高く)なります。
ただし、7等級以上では、無事故割引率と事故有割引率の2種類の割引率があり、事故有の場合は割引率が低くおさえられています。

新規で契約する時は、6等級(補償対象の年齢によってさらに細分化されます)からスタートします。
2台目以降の車を新規で契約する場合は7等級からとなります。
そして2年目以降は、前年に無事故であれば、等級は1等級上がります。
前年に事故があって保険を使うと、事故1件につき等級が3等級下がり、かつ3年間は事故有割引率が適用されることになります。
車両保険、搭乗者傷害保険、無保険車傷害保険のみの事故等の場合は、事故1件につき1等級下がり、かつ1年間は事故有割引率が適用されます。

事故有割引率が適用されている期間に、再度、事故を起こすと事故有割引率の適用期間が積算されます。(積算の上限は6年)


等級の引き継ぎ

車を買い替えた場合の等級の引き継ぎ

保険期間中に新しい車を購入し、乗り換えることもあると思います。
そんなときでも、基本的に等級を引き継げる「車両入替」という制度がありますので、安心してください。
ただし車両入替は所定の手続きをしないと適用されなくなってしまうため、買い替えの予定がある場合は保険の手続きを済ませておきましょう。
新しい車の種類などによっては保険料が変わりますが、安くなる場合は保険料の差額が返金され、高くなる場合は追加の保険料を収める必要があります。
差額の精算が終わったら、補償は新車の納車日から開始となります。


保険会社を変更する場合の等級の引き継ぎ

長い期間契約していた保険会社を変えることもあると思います。
この場合も、保険会社間で基本的には問題なく等級は引き継げます。
代理店型でもダイレクト型でも、国内の損保会社でも外資系の損保会社でも、特に制限はありません。
ただし全労災・JA共済を除く一部の共済へは、引き継ぎが難しい場合もありますので注意しましょう。


ノンフリート等級別料率

ノンフリート等級による保険料の割増引率の例 (*1) を以下に掲載します。
(*1) 損害保険料率算出機構が定めた参考純率

継続契約の場合


等級 割増引率(+:割増、−:割引)
無事故 事故有
1等級 +64%
2等級 +28%
3等級 +12%
4等級 - 2%
5等級 -13%
6等級 -19%
7等級 -30% -20%
8等級 -40% -21%
9等級 -43% -22%
10等級 -45% -23%
11等級 -47% -25%
12等級 -48% -27%
13等級 -49% -29%
14等級 -50% -31%
15等級 -51% -33%
16等級 -52% -36%
17等級 -53% -38%
18等級 -54% -40%
19等級 -55% -42%
20等級 -63% -44%


新規契約の場合


新規に自動車保険を契約する場合は、6等級からとなります。また2台目以降の自動車を新規で契約する場合で、一定の条件 (*2) を満たす場合は7等級からとなります。どちらも年齢条件により4区分にわかれています。
(*2) 一定の条件とは
  ・1台目の契約が11等級である。
・1台目、2台目以降の車がいずれも自家用である。
・2台目以降の記名被保険者、車両所有者が1台目と同一であるか、その配偶者・同居親族であるなどです。
6等級 全年齢補償 +28%
21歳以上補償 +3%
26歳以上補償 -9%
年齢条件対象外 +4%
7等級 全年齢補償 +11%
21歳以上補償 -11%
26歳以上補償 -40%
年齢条件対象外 -39%
 
保険料の割引というところからも、無事故であるメリットは大きいです。
安全運転をこころがけましょう。
 
(参考)旧制度のノンフリート等級別料率

継続契約の場合


等級 割増引率(+:割増、−:割引)
1等級 +52%
2等級 +26%
3等級 +10%
4等級 - 1%
5等級 -10%
6等級 -17%
7等級 -23%
8等級 -28%
9等級 -33%
10等級 -37%
11等級 -40%
12等級 -44%
13等級 -47%
14等級 -50%
15等級 -52%
16等級 -55%
17等級 -57%
18等級 -59%
19等級 -61%
20等級 -63%


新規契約の場合


6等級 全年齢補償 +25%
21歳以上補償 +10%
26歳以上補償 - 5%
年齢条件対象外 ±0%
7等級 全年齢補償 -10%
21歳以上補償 -15%
26歳以上補償 -28%
年齢条件対象外 -28%


※保険会社によって内容が違いますので、詳しくは各商品のパンフレットなどを参考にしてください。
※2016年9月現在の内容です。商品改定等により内容が変更となる場合があります。
監修:保険マンモス株式会社

特約(自動車保険の場合):前のページ 次のページ:バイク保険とは?(バイク保険の場合)
商品一覧 [ 自動車保険 | ドライバー保険 | バイク保険 | 自賠責保険(バイク) | 自転車保険 ]


プライバシーポリシー - 利用規約 - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2017 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.