Yahoo!保険トップ > 保険を学ぼう - くるまの保険 > 任意保険の基本を学ぼう - 自転車保険とは?
保険を学ぼう - くるまの保険

任意保険の基本を学ぼう
自動車保険の場合
自動車保険とは?
特約
等級制度
バイク保険の場合
バイク保険とは?
特約
補償の種類はこんなにある!
対人賠償保険
対物賠償保険
搭乗者傷害補償保険
自損事故保険
無保険車傷害保険
車両保険
人身傷害補償保険
災害補償
いま注目の保険
自転車保険とは?
任意保険を選ぶときに注意する点は?
事故・トラブルと任意保険の関係
自賠責保険をしっかり学ぼう

自転車保険とは?

 
最近、話題になることの多い自転車保険。
補償の内容と注意点を見ていきましょう。
 

自転車保険の補償内容

自転車保険で支払われる主な保険金には、以下のようなものがあります。

個人賠償責任保険金

他人を死傷させてしまったり他人の物を壊してしまったりして、損害賠償金などを負担した場合の損害を補償する。
自転車保険の役割で最も大切な部分。

死亡・後遺障害保険金

事故により大ケガを負って、障害が残ったり死亡してしまった場合に支払われる保険金。

入院保険金

事故によるケガで入院した場合に支払われる保険金。

通院保険金

事故によるケガで通院した場合に支払われる保険金。

※自転車の盗難被害は自転車保険ではカバーされません



自転車の加害事故での高額賠償例

近年、自転車保険の存在が大きくクローズアップされている理由に、自転車の加害事故での高額賠償判決が挙げられます。
自転車の事故であっても、また自転車に乗っていたのが小学生であっても、賠償責任は避けられません。


賠償額(概算) 裁判所 判決年月日 被害者性年齢 被害実態 事故の概要
9,521万円 神戸地裁 2013年7月4日 女性62歳 意識不明 男子小学生が夜間、帰宅途中に自転車で走行中、歩道と車道の区別のない道路において歩行中の女性と正面衝突。
女性は頭蓋骨骨折の傷害を負い、意識が戻らない状態となった。
9,266万円 東京地裁 2008年6月5日 男性24歳 後遺障害 男子高校生が昼間、自転車横断帯のかなり手前の歩道から車道を斜めに横断し、対向車線を自転車で直進してきた男性会社員と衝突。
重大な障害(言語機能の喪失等)が残った。
6,779万円 東京地裁 2003年9月30日 女性38歳 死亡 男性が夕方、ペットボトルを片手に下り坂をスピードを落とさずに走行し交差点に進入、横断歩道を横断中の女性と衝突。
女性は脳挫傷等で3日後に死亡した。
5,438万円 東京地裁 2007年4月11日 女性55歳 死亡 男性が昼間、信号表示を無視して高速度で交差点に進入、青信号で横断歩道を横断中の女性と衝突。
女性は頭蓋内損傷等で11日後に死亡した。
4,043万円 東京地裁 2005年9月14日 男性62歳 死亡 男子高校生が朝、赤信号で交差点の横断歩道を走行中、男性が運転するオートバイと衝突。
男性は頭蓋内損傷で13日後に死亡した。
※2015年9月時点で公表された内容に基づき損保協会で作成



個人賠償責任保険について

自転車保険の主な役割である個人賠償責任に対する補償ですが、実は自転車保険に加入しなくても、自動車保険や火災保険の特約として加入することもできます。
自転車保険と違って入院の保障などはありませんが、自動車保険などに付けておいたほうが楽という人は、特約での加入を検討してもよいでしょう。
ただし2重に加入していても2倍の保険金が受け取れるわけではないので、保険が重複しないように気をつけましょう。

また、自転車保険を選ぶにせよ個人賠償特約を選ぶにせよ、加入を検討するときには以下の点も確認してみてください。


示談交渉

加害者になってしまった場合、賠償金を決めるために当事者と示談交渉する必要がありますが、当事者同士の話し合いで決着を着けるのは難航します。
交渉のプロに代行してもらった方が上手く進みますので、示談交渉サービスが整っている保険会社を選ぶのがよいでしょう。

限度額

高額賠償の例を見て分かる通り、場合によっては1億円近い賠償判決が出ていますので、限度額はなるべく高い方が望ましいでしょう。
最低でも1億円、できれば無制限に設定できる保険会社をおすすめします。

 
万が一にも、ご自身やお子さんが自転車の加害事故で、高額な
賠償金の支払いを命じられることがないとは限りません。
個人賠償責任保険での備えは必須と言えます。
 

※2016年12月現在の内容です。商品改定等により内容が変更となる場合があります。
監修:保険マンモス株式会社

災害補償:前のページ
商品一覧 [ 自動車保険 | ドライバー保険 | バイク保険 | 自賠責保険(バイク) | 自転車保険 ]


プライバシーポリシー - 利用規約 - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2017 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.