Yahoo!保険トップ > 保険を学ぼう - くるまの保険 > 事故・トラブルと任意保険の関係 - 事故の被害者になったら?
保険を学ぼう - くるまの保険

事故の被害者になったら?

 
もし事故の被害者になった場合、自分が不利な状況にならないように、できるだけ落ち着いて、事故の対応にあたりましょう。
 

交通事故の被害者となった場合にも、加害者の時と同様、以後の事故処理をスムーズに行うためにやっておくべきことがあります。
負傷して動けないような時には安静にしているべきですが、周りの人に協力をお願いするなど、できる範囲のことをやっておくとよいでしょう。

車同士の物損事故などでケガのない場合などは、しっかりと対応するよう心がけましょう。


現場での対応

現場での対応
マンガ/星野由美子
○救急車の手配
負傷した場合、本来であれば加害者が真っ先に通報すべきですが、もし加害者が頼りない場合は自分で119番に連絡しましょう。
また、かすり傷程度で救急車の必要がない場合でも、必ず病院に行って検査してもらいましょう。
その時はたいしたことない(痛みがない)と思っていても、実は重傷であったということもあります。
○警察への連絡
場合によっては、加害者が、警察を呼ばずに済ませようと言ってくるもしれません。
しかし保険の請求のために事故証明も必要となりますし、小さい事故であっても、必ず警察に届けましょう。
○相手の確認
加害者の名前、連絡先(住所、電話番号)、勤務先、相手の車の登録番号、契約保険会社などを確認しておきましょう。
○目撃者の確認
事故を目撃した人がいる場合は、証言してもらえるように頼んで、氏名、住所、連絡先を教えてもらっておきましょう。
○事故現場の確認
事故現場の状況や車の損傷状態を確認してメモしておきましょう。
携帯電話のカメラ機能などを利用して、事故現場(全体の写真をいろいろな角度で)、事故車両、スリップ痕などを
証拠として残しておくとよいでしょう。
○保険会社への連絡
自分が被害者だと思っていても、車同士の事故で過失割合が少しでもある場合は、自分の保険を使うことにもなります。
念のため保険会社の事故連絡窓口に連絡しておきましょう。
※歩行者として事故にあった場合でも、自分の自動車保険で人身傷害保険に加入している場合は補償されます。

※なお、示談交渉は損害額が確定後に、保険会社や弁護士を通じて行われることが一般的ですが、通常、事故現場での事故相手との交渉は自分で行わなければなりません。
しかし、一部、事故現場での交渉を代行してくれる保険会社があります。
例えば、事故の相手が気性の荒い方であったり、ご自身が動揺してしまうなど、ご自身で交渉することが難しい場合でも、その場で保険会社の担当者が電話を代わり、冷静に対処してくれます。
事故直後の交渉を誤ると、その後の示談交渉等にも好ましくない影響が及ぶ可能性がありますので、事故が起こった場合の対応が不安な方にとっては安心の補償です。


その後の対応

○証拠の保管
示談交渉や裁判で証拠となるものは、大切に保管しておきましょう。
直接、事故に関連した物だけでなく、病院の診断書や治療費の領収書なども保管が必要です。
○示談交渉
歩行者として被害にあった場合や、車同士でも自分に過失がない場合は、自分で示談に応じることになります。
毅然とした態度で、主張すべきことは主張しましょう。
専門家にお願いしたい場合は、弁護士等にお願いすることになります。
必要に応じて弁護士費用特約なども検討しておくとよいでしょう。

 
事故の被害者として、負傷したり精神的なダメージを受けたりしている状況ですが、可能であれば、事故状況の確認などできるだけのことはやっておきましょう。
 

※2017年9月現在の内容です。制度変更等により内容が変更となる場合があります。
監修:保険マンモス株式会社

事故の加害者になったら?:前のページ 次のページ:無保険車と事故にあったら?
商品一覧 [ 自動車保険 | ドライバー保険 | バイク保険 | 自賠責保険(バイク) | 自転車保険 ]

プライバシー - 利用規約 - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.