Yahoo!保険トップ > 保険を学ぼう - くるまの保険 > 事故・トラブルと任意保険の関係 - 事故の加害者になったら?
保険を学ぼう - くるまの保険

事故の加害者になったら?

 
もし事故を起こした場合は、加害者としての責任を果たすためにも、できるだけ落ち着いて、誠意をもって事故の対応にあたりましょう。
 

交通事故を起こして加害者になった場合は、ショックも大きく、気が動転してしまうかもしれません。
しかし、まずは落ち着いて、被害者や周囲への影響を優先して考えるようにしましょう。


現場での対応

事故直後は、被害者の救済と二次災害の防止について最も気を配らなければなりません。
責任をもって初動対応を行いましょう。


事故の加害者になったら
マンガ/星野由美子

最優先で行うこと


次の3つの対応は必ず最優先で行いましょう。

(1)負傷者の救護(救急車の要請)

負傷者がいる場合は、負傷者の救護が最優先となります。
負傷者に声をかけて状況を確認するとともに、119番に連絡して救急車を呼びましょう。
出血している場合は止血などの応急処置を行います。
ケガの状況によっては動かさない方がよい場合もありますが、道路の真ん中など危険な場所にいる場合は、安全な場所まで移動させましょう。

(2)危険防止

後続車が衝突するなど、さらなる事故の可能性がある場合は、ハザードランプの点滅や停車表示板、発煙筒などを使って事故を知らせたり、安全な場所に車を移動させたりするなどの措置をとります。
その際、後で事故状況がわかるように、車の停車位置などを確認しておくとよいでしょう。

(3)警察への連絡

110番通報で警察に事故の連絡をします。
「事故発生日時」「場所」「負傷者の有無と負傷の程度」「事故現場で行った措置」を報告して、指示を受けます。

※警察に届けないでいると、事故証明が取れず保険の請求ができないということにもなりますので、軽微な事故でもきちんと届けましょう。


現場で行うこと

○相手の確認
相手の名前、連絡先(住所、電話番号)、また車同士の場合は、相手の車の登録番号も確認しておきましょう。
○目撃者の確認
事故を目撃した人がいる場合は、証言してもらえるように頼んで、氏名、住所、連絡先を教えてもらっておきましょう。
○事故現場の確認
事故現場の状況や車の損傷状態を確認してメモしておきましょう。
携帯電話のカメラ機能などを利用して、事故現場(全体の写真をいろいろな角度で)、事故車両、スリップ痕などを
証拠として残しておくとよいでしょう。
○保険会社への連絡
保険会社の事故連絡窓口に連絡します。
「事故発生日時」「場所」「事故の概要」を説明して、アドバイスをもらいます。

注意点

その場で、相手から示談の話を持ち出されたとしても、安易に応じないようにしましょう。
事故の過失割合などを決めるには、事故状況を客観的に判断する必要があります。
また事故直後はお互いに冷静さを失っている可能性があるので、当事者だけで決めることは避けましょう。
自分が加害者であると考えていても、100%の過失があるとは限りません。

※なお、示談交渉は損害額が確定後に、保険会社や弁護士を通じて行われることが一般的ですが、通常、事故現場での事故相手との交渉は自分で行わなければなりません。
しかし、一部、事故現場での交渉を代行してくれる保険会社があります。
例えば、事故の相手が気性の荒い方であったり、ご自身が動揺してしまうなど、ご自身で交渉することが難しい場合でも、その場で保険会社の担当者が電話を代わり、冷静に対処してくれます。
事故直後の交渉を誤ると、その後の示談交渉等にも好ましくない影響が及ぶ可能性がありますので、事故が起こった場合の対応が不安な方にとっては安心の補償です。


その後の対応

○お見舞い
被害者が負傷している場合は、事故の実況見分などの対応が終わり次第、お見舞いに行きましょう。
入院や通院が続いている期間は、繰り返してお見舞いに行き、お詫びの気持ちと誠意を示しましょう。
例え、示談を保険会社に依頼しているケースであっても、自分自身でお見舞いに行くことが大切です。
(死亡事故の場合は、つらいかもしれませんが、葬儀に参列して誠意を尽くしましょう)
○証拠の保管
示談交渉や裁判で証拠となるものは、大切に保管しておきましょう。
○示談交渉
通常、示談交渉は保険会社が行ってくれますので、基本的には任せましょう。
○その他
自分の車を修理する場合なども、勝手に修理に出さず、保険会社に確認をとって指示に従うようにしましょう。
勝手に修理すると、保険金の支払いに支障をきたす場合があります。

 
事故直後はショックが大きいかもしれませんが、やるべきことはたくさんあります。普段から、事故後の行動を整理しておいたり、車の中にやるべきことのメモを備えておくとよいでしょう。
 

※2017年9月現在の内容です。制度変更等により内容が変更となる場合があります。
監修:保険マンモス株式会社

無料相談窓口:前のページ 次のページ:事故の被害者になったら?
商品一覧 [ 自動車保険 | ドライバー保険 | バイク保険 | 自賠責保険(バイク) | 自転車保険 ]


プライバシーポリシー - 利用規約 - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.