Yahoo!保険トップ > 保険を学ぼう - くるまの保険 > 事故・トラブルと任意保険の関係 - 示談交渉
保険を学ぼう - くるまの保険

示談交渉

 
交通事故が起きた時、多くの場合は示談によって和解を図ることになります。
示談について基本的な知識をおさえておきましょう。
 

示談とは

示談とは、事故の当事者同士が話し合いにより、損害賠償額を決定するなどの解決方法を決めることです。
交通事故の多くは示談によって解決されます。


示談交渉の基礎知識

交渉の開始時期

示談交渉を始める時期に決まりがあるわけではありません。
また、当事者のどちらから申し出てもかまいません。
しかし通常は、加害者側に早く示談交渉を始めたいという意識が働きます。
それは、加害者に刑事責任が問われている場合などでは、示談を成立させていることで、裁判の心証をよくしたいと考えるからです。
逆に被害者側の立場としては、あまりあわてることなく、じっくり納得がいく交渉をした方がよいでしょう。

<交渉開始の目安>
傷害の場合 示談後に、予想外の治療が必要になったり、後遺症が残ったりする可能性もあります。
治癒するか、症状が固定してから交渉した方がよいでしょう。
後遺症が残った場合は、後遺障害等級認定を受けてからと考えてもよいでしょう。
死亡の場合 ご遺族が交渉することになります。
心情的に落ち着いてからがよいでしょう。

交渉に必要な書類


示談交渉にあたっては、事故による損害を確認するための書類を揃えておきましょう。

傷害の場合 事故証明書、診断書、診療報酬明細書、治療に関する支払いの領収書、収入証明書など
死亡の場合 事故証明書、死亡診断書、戸籍謄本、病院・葬儀関係費用の領収書、亡くなった方の収入証明書など
物損の場合 修理費用の請求書(見積書)、事故車両の運搬、廃車等の費用の請求書(領収書)、代車費用の請求書など

交渉の心がまえ


  • 感情的にならずに、冷静に話をする
  • 相手方の保険会社の人や弁護士との交渉でも、落ち着いて自分の主張をする
  • 高圧的な態度や不誠実な対応をとられたとしてもひるまない
  • 安易に妥協しない
一度、示談が成立すると、原則的にやり直しはできません。
⇒必要に応じて、弁護士に相談したり、(財)交通事故紛争処理センターなどに相談してみてもよいでしょう。

示談書

話し合いにより解決方法が決定すると、その内容を記載した示談書を作成します。

<示談書の主な記載内容>

  • 当事者の氏名
  • 事故の発生日時、場所
  • 事故車両の所有者、車種、車両番号
  • 損害状況(事故の経緯、損害内容等)
  • 示談内容(賠償金額、条件、支払い方法)
  • 示談書作成日

示談書は、双方で合意した内容を記載した文書ですが、強制執行力はありません。
万一、相手方が支払いに応じてくれないような場合を考えると、公正証書にしておいた方がよいでしょう。


保険会社の示談代行サービス

自分に過失がある場合(対人賠償や対物賠償の対象となる場合)には、自分が加入している自動車保険の示談代行サービスを受けることができます。
保険会社は損害賠償額ができるだけ少なくなるように交渉してくれ、賠償金の支払い手続きまで担当してくれます。

あなたに全く過失がない場合などは、保険会社が示談を代行することはありません。
しかし保険会社によっては、相談サービスを提供していて、いろいろなアドバイスをしてくれるところもあります。
またこのようなケースでは、弁護士に依頼したいということもあると思いますので、「弁護士費用特約」をつけておいてもよいでしょう。

 
示談は、相手と利害関係が対立するため主張が違うケースが多くなりますが、冷静に話し合いを進めましょう。
専門家や第三者の意見も参考にするとよいでしょう。
 


※保険会社によって内容が違いますので、詳しくは各商品のパンフレットなどを参考にしてください。
※2017年9月現在の内容です。制度変更等により内容が変更となる場合があります。
監修:保険マンモス株式会社

過失割合・過失相殺:前のページ 次のページ:調停・民事訴訟
商品一覧 [ 自動車保険 | ドライバー保険 | バイク保険 | 自賠責保険(バイク) | 自転車保険 ]

プライバシー - 利用規約 - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.