Yahoo!保険トップ > 保険を学ぼう - くるまの保険 > 事故・トラブルと任意保険の関係 - 過失割合・過失相殺
保険を学ぼう - くるまの保険

過失割合・過失相殺


 
交通事故が起きた時、どちらかが一方的に悪いとは一概にはいえず、被害者側にもいくらかの過失があるケースが多いです。
それぞれの過失の程度によって、過失割合が決まります。
 

過失割合とは

例えば、交差点で直進車と右折車が衝突した場合、一般的には直進車が優先とされていますが、右折車に事故の全責任があるかというと、そうではありません。直進車にも前方の不注意や危険の予測が不十分であったなど、なんらかの過失があったということになります。

センターラインオーバーや信号無視などの明確な過失がない限りは、通常、過失割合が0とはなりません。
このように、交通事故があった場合、当事者同士で双方にどのくらい過失があったかを表した比率を過失割合といいます。先程の直進車と右折車の事故の場合で、両者の過失割合を、直進車:右折車=20%:80%(2:8)などと表します。


過失割合の事例

右記の図のように、直進車Aと右折車Bが衝突事故を起こした場合について、一般的な過失割合をみてみましょう。
事故が起こった時の、信号の状況などによっても両者の過失割合は違ってきます。
過失割合の事例
事故の状況 Aの過失割合 Bの過失割合
1 信号のない交差点、または、直進車Aの信号が青、右折車Bの信号が青の場合 20 80
2 直進車Aの信号が黄、右折車Bの信号が黄の場合 40 60
3 直進車Aの信号が赤、右折車Bの交差点進入時の信号が青で、右折開始時の信号が赤であった場合 90 10
※その他の運転状況などによっても過失割合は変わるため、記載の過失割合が常にあてはまるとは限りません。

過失相殺

交通事故において、双方になんらかの過失がある場合、被害者側が加害者側から受ける損害賠償の額から被害者側の過失相当分が差し引かれることになります。
これを過失相殺といいます。

例えば、車同士の衝突事故で、Aさんが車の修理費用として50万円分の損害を受けたとします。
この際、もしAさんの過失割合が0であれば、相手方のBさんから50万円の損害賠償を受けられます。
しかし、Aさんの過失割合が20%であった場合、損害額50万円から20%分が差し引かれて、Bさんからの損害賠償額は40万円となります。

過失相殺の例

<自賠責保険の場合>
自賠責保険の場合は、被害者保護の観点から被害者側の過失が70%未満であれば保険金の減額はありません。詳しくは、「自賠責保険の減額」をご参照ください。


過失割合の考え方

基本的には、交通法規を守っている車とそうでない車であれば、もちろん交通法規を守っていない車の方が過失割合は大きくなります。
また車の種類や自転車、歩行者などでは、立場の弱いものほど過失割合は小さくなります。
大型車>普通車>バイク>自転車>歩行者(*)
(*)歩行者の中でも、老人や子どもなど弱い立場の人ほど過失割合は小さくなります。

個別の交通事故による過失割合については、過去の判例などをもとに決められます。

 
交通ルールを守り、周囲の危険に注意を払って安全運転を心掛けることが、事故の防止になります。
また、万一事故にあった時の過失割合を小さくすることにもつながります。
 


※2017年9月現在の内容です。法令の改正や今後の判例、商品改定等により内容が変更となる場合があります。
監修:保険マンモス株式会社

交通事故時の健康保険、労災保険の扱い:前のページ 次のページ:示談交渉
商品一覧 [ 自動車保険 | ドライバー保険 | バイク保険 | 自賠責保険(バイク) | 自転車保険 ]

プライバシー - 利用規約 - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.