Yahoo!保険トップ > 保険を学ぼう - くるまの保険 > 事故・トラブルと任意保険の関係 - 交通事故時の健康保険、労災保険の扱い
保険を学ぼう - くるまの保険

交通事故時の健康保険、労災保険の扱い

 
交通事故で病院にかかった場合でも、健康保険や労災保険は、通常通り利用できます。
 

交通事故の治療と健康保険

交通事故でケガをして病院で治療を受けた時には、“健康保険が使えない”という間違った認識が一部にあるようです。
また病院から自由診療になるといわれるケースもあるようですが、法的にも病院が保険診療を拒むことはできません。
一方、治療費は本来、事故の加害者が負担すべきものなのですが、保険診療を受けると治療費の7割を健康保険が負担することになってしまいます。
そこで、健康保険が負担した7割を後から事故の加害者に請求することになります。
これを第三者求償といいます。

第三者求償

交通事故によるケガや第三者の暴力行為などのケガの場合に、健康保険の保険者(健康保険組合や国民健康保険等)に対して申請します。
健康保険の保険者は、立て替えた分の治療費を後日加害者に請求します。
※申請方法は、健康保険の保険者にご確認ください。

健康保険を利用して治療を受けた場合は、すみやかに申請しましょう。


健康保険利用のメリット


自由診療よりも治療費が安くなります。
→ 自分にも過失がある場合、自分が負担する治療費が安くなる
立て替え額が少なくてすみます。
→ 仮に相手方が100%悪い場合であっても、賠償金がもらえるまでは治療費を自分で立て替えることになるが、その立て替え額が少なくてすむ(3割負担)

交通事故の治療と労災保険

勤務中や通勤中に交通事故にあってケガをした場合、労災保険の申請ができます。
ただし治療費に関して、加害者側の自賠責保険などから先に賠償があった場合は、労災保険からはその分が差し引かれることになります。
またケガにより会社を一定日数以上休まなければならない場合には、労災保険の休業特別支給金を受けることができる分、メリットがあります。

 
交通事故で賠償金がもらえるような場合であっても、社会保険は適用されます。自動車保険と社会保険の両方をうまく活用しましょう。
 


※2017年9月現在の内容です。制度変更等により内容が変更となる場合があります。
監修:保険マンモス株式会社

保険金請求にも時効がある:前のページ 次のページ:過失割合・過失相殺
商品一覧 [ 自動車保険 | ドライバー保険 | バイク保険 | 自賠責保険(バイク) | 自転車保険 ]


プライバシーポリシー - 利用規約 - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.