Yahoo!保険トップ > 保険を学ぼう - くるまの保険 > 自賠責保険をしっかり学ぼう - 損害額が支払い限度を超えてしまったら?
保険を学ぼう - くるまの保険

損害額が支払い限度を超えてしまったら?

 
自賠責保険には保険金の限度額がありますが、自動車事故で死傷した被害者の損害額が限度額を超えた場合、果たして補償はどうなるのでしょうか?
 

自賠責保険には、支払い限度額があります。

損害額が支払い限度を超えてしまったら?
マンガ/星野由美子

被害者が被った損害額が支払い限度額を超えることは珍しいことではありません。
特に被害者が死亡した場合では、まず自賠責保険だけでは足りないと考えた方がよいでしょう。

では、損害額が自賠責保険の限度額を超えた場合、残りの部分はどうなるのでしょうか?
こういったケースでは、被害者が任意保険に入っているかどうか、任意保険の保険金額がいくらか、ということで変わってきます。

<損害賠償額が自賠責保険の限度額を超えた場合の扱い>

損害賠償額が自賠責保険の限度額を超えた場合の扱い

上の図のように、自賠責保険の限度額を超えた場合でも、任意保険や加害者本人から支払いを受けることはできます。
ただし加害者本人に支払い能力がない場合、任意保険に加入していなければ、被害者にはお金が入ってきません。

被害者は、ケガや後遺症の治療費、収入の減少に対する補填など、数千万円にもなる負担を自分で捻出しなければいけなくなります。
また加害者も、自身の支払い能力を超えた賠償責任を負い、日常生活に大きな支障や制限が生じます。
被害者と加害者、どちらも生活が崩壊しかねないほどのダメージを受ける可能性があるのです。
それを防ぐためにも、自動車を運転する者の責任として、任意保険に加入しておくことが重要なのです。

加害者になったときのことを考えた場合に重要な保険 対人賠償保険、対物賠償保険
被害者になったときのことを考えた場合に重要な保険 人身傷害保険、搭乗者傷害補償保険
 
自賠責保険の補償のみでは、多くの場合、不足が生じます。
ぜひ任意保険にも加入しておきましょう。
 
※2017年9月現在の内容です。制度変更等により内容が変更となる場合があります。
監修:保険マンモス株式会社

複数の加害者がいる場合は?:前のページ
商品一覧 [ 自動車保険 | ドライバー保険 | バイク保険 | 自賠責保険(バイク) | 自転車保険 ]


プライバシーポリシー - 利用規約 - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.