Yahoo!保険トップ > 保険を学ぼう - くるまの保険 > 自賠責保険をしっかり学ぼう - 仮渡金
保険を学ぼう - くるまの保険

仮渡金

 
事故の損害額が確定して正式に保険金が出る前に、さしあたっての治療費を先に請求することができます。
 

被害者のケガの治療が長引いている場合などで、完治して損害額が確定するまで保険金が入ってこないと、当面の治療費に困ってしまうこともあります。
そのような時に、損害額が確定する前に当面の出費を請求できる制度として、「仮渡金」という制度があります。


仮渡金

被害者が死亡したり、一定の傷害を負ったりした場合に、さしあたっての治療費や葬儀費などの出費にあてるために請求することができます。
請求できるのは被害者からのみです。

仮渡金の特徴

○加害者側から損害賠償金の支払を受けていない場合に請求できる。
○請求は被害者からのみできる。(加害者の承諾は不要)
○保険金が支払われる時は、既払いの仮渡金を控除した残額が支払われる。
○最終的な確定額より仮渡金の額が大きい場合は、差額を保険会社に返還しなければならない。
 (仮渡金支払に関する念書の提出が必要なことがある)
○加害者側に損害賠償責任がないと判断された場合には、返還が必要である。

仮渡金の額

死亡 -- 290万円
傷害 ・入院14日以上かつ治療30日以上を要する場合
・大腿または下腿の骨折などの傷害
40万円
・入院14日以上または入院を要し治療30日以上を要する場合
・上腕または前腕の骨折などの傷害
20万円
・治療11日以上を要する場合
※上記傷害に該当する場合を除く
5万円
 
仮渡金は被害者救済のための仕組みです。
もしもの時には、有効に活用しましょう。
 


※2017年9月現在の内容です。商品改定等により内容が変更となる場合があります。
監修:保険マンモス株式会社

保険金支払いの流れ:前のページ 次のページ自賠責保険の減額
商品一覧 [ 自動車保険 | ドライバー保険 | バイク保険 | 自賠責保険(バイク) | 自転車保険 ]


プライバシーポリシー - 利用規約 - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.