Yahoo!保険トップ > 保険を学ぼう - くるまの保険 > 自賠責保険をしっかり学ぼう - 加害者請求と被害者請求
保険を学ぼう - くるまの保険

加害者請求と被害者請求

 
「加害者請求」と「被害者請求」。
聞きなれない言葉ですが、自賠責保険を請求する時の2つの方法の違いを理解しておきましょう。
 

「加害者」と「被害者」

自賠責保険に関して、「加害者」と「被害者」の意味は下記のようになります。

加害者 けがをさせた方(けがをした方の反対)
被害者 けがをした方

どちらに過失責任がある(多い)かどうかは関係なく、けがをした方が被害者、相手方が加害者となります。
例えば、停車している車に別の車が衝突したとしても、衝突した方がけがをすれば、衝突した方が被害者であり、衝突された方が加害者となります。
この加害者、被害者の考え方に基づいて、加害者請求と被害者請求の内容をみていきましょう。


「加害者請求」と「被害者請求」

加害者請求と被害者請求
(1)加害者請求
加害者が被害者に賠償金を支払い、その支払った金額を加害者が加入している自賠責保険の保険会社に請求することを、加害者請求と言います。
この場合、被害者が加害者から賠償金を受け取ったという領収書が必要です。

(2)被害者請求
加害者が被害者に対して賠償金を支払わない場合などには、被害者が加害者の自賠責保険会社に対して、直接保険金の支払いを請求できます。
自賠責保険は、被害者の救済を目的とした保険であるため、被害者からの直接請求を認めています。

 
自賠責保険の保険金は、被害者救済のため、加害者側が手続きをしてくれなくても被害者側から保険金を請求できるようになっています。
 
※2017年9月現在の内容です。商品改定等により内容が変更となる場合があります。
監修:保険マンモス株式会社

加入方法と保険料:前のページ 次のページ保険金支払いの流れ
商品一覧 [ 自動車保険 | ドライバー保険 | バイク保険 | 自賠責保険(バイク) | 自転車保険 ]

プライバシー - 利用規約 - ヘルプ・お問い合わせ
Copyright (C) 2018 Yahoo Japan Corporation. All Rights Reserved.